ページ内を移動するためのリンクです。

CUBE DIARY CUBE ダイアリー

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

マネジメント創造学部 > CUBEダイアリー > スタッフコラム

今年度の入試が終わり、3月20日には合格者、保護者の方を対象としたガイダンスを行い、4月1日にはCUBEは5期生を迎えることになります。毎年新入生の方には「CUBE Guidance」という冊子をお配りし、大学生活に関することを説明します。その冒頭に毎回学部長が新入生にメッセージを書かれます。少しフライングですが、下にその内容を示します。

【学部長挨拶】

CUBEは、従来の大学教育を革新し、社会に有為な人材を育成する新たな学びの場として、西宮のこの地に、2009年4月、誕生しました。あれから4年、CUBEは、2013年3月、初めての卒業生を世に送り出すことになりました。そして、2013年4月、皆さんは、5期生として、CUBEに、CUBEで過ごす4年間の大学生活に、今、足を踏み入れることになります。

少し前まで高校生だった皆さんは、大学、学部選びに際して、随分悩んだことと思います。「経済学部と経営学部と何が違うのだろうか」、「法学部と経営学部でどちらが就職に有利だろうか」、「英語学科で学ぶ英語とCUBEで学ぶ英語にどんな違いがあるのか」・・・。多くの高校生は、このように学部選択で悩みます。でも、実際は、そんなに真剣に悩む必要はないのです。

なぜ悩む必要がないのか。それは、学生が真に考え悩むべきことは、「どの学部が就職に有利か」ではなく、「どの大学、どの学部に行ったら自分が頑張れるか、そして成長できるのか」、「大学4年間をどのように過ごせば、自信を持って社会に巣立っていけるのか」だからなのです。学校選びでも会社選びでも、自分に自信がないほど、やりたいことが見つからない人ほど、他人の評価で物事を判断します。

CUBEに入りたくてきた学生も、CUBEに来るつもりがなく来ることになった学生も、そんな思いはリセットしてください。今までの自分に自信が持てない学生や、自分を甘やかせてきた学生は、過去をフリーズして下さい。CUBEに来てよかったかどうかは、この4年間をどう過ごすかで決まります。

多くの人は、過去と現在が連動していると考えます。甘い、怠惰な過去の自分が、自信の持てない現在の自分を作っていると。そうであれば、過去は変えられないのだから、現在も変えられないことになります。でも、今の自分は変えられるのです。30年間教師をして、学生が変わっていくのを、成長し、自信をつけていく過程を数多く見てきました。それは、今の自分を変えるのは、過去ではなく未来だからなのです。自分の未来を見つめてください。なりたい自分、やりたい何かが見つかると、今の自分が変わり始めます。

そうはいっても、なりたい自分が見つからない人も多いと思います。そういう人は、行動して下さい。行動し、一歩踏み出す勇気が、未来を変え、今の自分を変えることになります。人は、自分の経験からしか学べないのです。失敗を恐れず、行動して下さい。そして失敗を乗り越えて、成長して下さい。人生において大切なものは、苦しいことの向こう側にしか存在しません。

CUBEは魔法学校と呼ばれます。その魔法は、自分の未来は変えられると信じることから始まります。自分の未来を変えられると信じ、行動すること、努力することで、今日どう生きるかが変わり、今の自分が変わり始めます。 (文末)

4年間はあっという間です。CUBEとしては皆さんにたくさんのことを経験して欲しい、学んでほしい、成長して欲しいと望んでいます。そのためにまず必要なことは、「4月1日から大学生としてしっかりと学ぶ姿勢を準備してくる」ことです。CUBEのモットーである「自ら学び、共に学ぶ」、「自ら考え行動する」。4月1日からその姿勢があれば、4年後にはきっと大きく変わった自分がいることだと思います。くれぐれも出遅れることの無いよう、各自ご準備ください。

皆様のご入学を心よりお待ちしております。

1月中旬となり、現在、一般入試の出願期間真っ只中ですね。

受験生の皆さんは、すでに志望大学・志望学部は決められて、受験勉強をしつつ、出願手続きをされていることだと思います。

ちなみに、出願スケジュールは下のとおりです。

期間を再度ご確認いただき、お忘れなく出願手続きをお進めください。

■C日程前期

〔出願期間〕(郵送)1月4日(金)から1月18日(金)(郵送最終日消印有効)

■E日程・A日程・S日程・E日程C方式

〔出願期間〕(郵送)1月4日(金)から1月21日(月)(郵送最終日消印有効)

       (窓口)1月22日(火)10時から15時(岡本キャンパス)

なお、願書は西宮キャンパスでも配付しています。

直接受け取りに来れる方は西宮キャンパスまでお越しください。

特別留学コース担当の事務室杉森です。2012年も残り少なくなって、年が明けると一般入試の出願シーズンとなります。受験生の皆さんは最終的な受験校を絞りこんでいるところでしょうか。

特別留学コースのこれからの受験機会ですが、下の3つの入試制度となります。

http://www.konan-u.ac.jp/faculty/cube/ryuugakuko-su/system.html#examination

1.C日程前期(1月出願・センター試験のみでの受験) 3名

2.S日程(1月出願・センター試験+本学独自試験) 6名

3.B日程(2月出願・本学独自試験+面接) 6名

詳しい入試概要、出願時期、試験科目等は下のURLでご確認ください。

http://kobe-konan.jp/admissions/course.php

特別留学コースの英語プログラム、留学プログラムは2002年のEBA総合コースから続くプログラムです。これまでに200名以上の卒業生を世界へと輩出してきました。大学での留学や卒業後の海外への意識をお持ちの方は、ぜひチャレンジください。下のURLに在校生、留学中の学生、卒業生のメッセージを掲載しています。参考にしてください。

【特別留学コースホームページ】

http://www.konan-u.ac.jp/faculty/cube/ryuugakuko-su/index.html

【卒業生紹介】

http://kobe-konan.weblogs.jp/cube/look_to_the_future/

【在校生の声】

http://kobe-konan.weblogs.jp/cube/student_voices/

【留学中の学生の声】

http://kobe-konan.weblogs.jp/cube/study_abroad/

2012年 12月 3日

一般入試に向けて

先週12月1日(土)のマネジメント創造学部マネジメントコース公募制推薦入試2次試験を終え、ここから先はいわゆる一般入試のシーズンへと突入していきます。今後の入試制度は大きく分けると3パターンです。

(1)センター試験活用型入試

(2)2月入試

(3)3月入試

入試制度は各大学様々で、日程・科目・配点の組合せは無数にあります。

マネジメント創造学部を志望する受験生の方々には次の受験機会があります。

【マネジメントコース】

C日程前期、C日程中期、E日程C方式、B日程C方式、E日程、A日程、B日程

【特別留学コース】

C日程前期、S日程、B日程

各入試制度については、下のURL、もしくは、入試ガイドを確認ください。

学部・学科・コース別入試制度概要

http://kobe-konan.jp/admissions/course.php

入試日程カレンダー

http://kobe-konan.jp/calendar/

今後は本格的に志望校を絞り込む時期だと思います。

マネジメント創造学部/マネジメントコース/特別留学コースの教育内容や入試制度等について質問や相談があればお気軽にご連絡ください。

キャンパスの見学等も事前にご連絡いただければ適宜受付しております。

甲南大学西宮キャンパス事務室

電話:0798 63 5741

Email:cube@adm.konan-u.ac.jp

受験生の皆さん,こんにちは。CUBEで会計学を担当しています新井康平です。

今日は,CUBEの特徴的な講義であるプロジェクトについて説明します。

プロジェクトってなんですか?という質問に答えるには,皆さんが考える普通の講義との違いを考えればよいでしょう。

プロジェクトと講義の違いは,

1.講義は知識を学ぶ/プロエジェクトは知識をもとに問題を解決する
2.講義では知識の習得度で評価される/プロジェクトでは問題に対するアプローチ方法で評価される
3.講義は体系化された知識を教える/プロジェクトでは問題を解決するために知識を自ら体系化する必要がある

といった感じでしょうか。すでに,詳細は議論してあるので,
http://www.konan-cube.com/diary/archives/933
を参照いただければと思います。

3年経っても,このあたりはぶれていないように思います。

では,4年生なども加わった本格的なプロジェクトの事例を紹介しましょう。

私が今担当しているのは,『会計学・経営学の未解決問題を解く!』というかなりチャレンジングな(無謀な)プロジェクトですが,すでに良い議論がなされています。

実際には,次の10の問題を取り使っています。

1「会計基準は世界共通であるべきか否か」
2「上場した方がよいか否か」
3「従業員の報酬は成果に応じたものが良いか否か」
4「新卒採用は学歴で選抜した方が良いか否か」
5「企業内恋愛/結婚は企業として制限した方が良いか否か」
6「従業員は多様な方が良いか均一な方が良いか」
7「将来のキャリアは,大学生のうちに確定させた方が良いか否か」
8「誰かがリーダーシップを発揮しなければまわらないような組織は,良いのか悪いのか」
9「予算は厳しく作ったほうが良いか否か」
10「同族企業は良いか否か」

プロジェクト中はこれらの問題をどのように扱っているでしょうか。

前回扱ったのは,テーマ5の「企業内恋愛/結婚は企業として制限したほうが良いか否か」でした。

この問題に対する事前資料(100ページくらいあります)を読んできて,当日はチームに分かれてケース分析をしたり,理論的な分析をして,企業が恋愛についてどのようなスタンスに立つべきかをチームごとにプレゼンしました。

結果は,
1.企業は恋愛について制限してはいけない:0チーム
2.企業は恋愛について条件づきで許容しなくてはいけない:4チーム
3.企業は恋愛を制限しなければならない:1チーム
という感じです。

まずは,1チームしかなかった3の理由は,論文などの検討の結果「場の理論」という議論を援用した上で,「恋愛問題による人間関係の悪化は,場のマネジメント上良くないよね」という結論に到達したものです。

つまり,恋愛については「別れたあと」のことを企業は考慮する必要があり,別れたあとの諸問題は企業にとってかなり致命的なので,そもそも社内恋愛を制限したほうが良い,という冷静な解釈ですね。
残りのチームも,「組織に合意書を提出する」,「周知の上,モニタリングを働かせる」といったようにモニタリングの必要性を強調していて,学生たちの冷静さにちょっと先生ビックリしました。

でも,これは興味深い問題です。

というのも全てのチームが,社内恋愛とセクシャルハラスメントを結び付けて議論し,そのリスクの統制から議論を組み立てていたからです。

プロジェクトでは,学生チームは根拠として実際のケース(実例)を探さなければなりません。

このように主張の根拠として使われたケースは,社内恋愛を許容する企業の事例ではなく,セクハラの事例がほとんどでした。

恋愛を許容する組織で本当にハラスメントが発生しやすいのか,という論点は,全てのチームでもう少し議論してほしかった内容ですが,それでも皆さんがそこを違和感なく議論を進めた点は興味深いものです。

このようなテーマは,本来なら経営学で議論すべきところ,多くの研究者がほったらかしていたテーマでもあります。

教えられた経営学を当然のものととらえず,「なぜ,・・・について経営学は教えてくれないのか」という視点は,CUBEのようなプロジェクト型学習にフィットした内容を提供するといえるでしょう。

おおよそ,プロジェクトは半日分消化しますが,このような経過で進みます。いかがですか?
しっかりとした理論と,現実のケースを組み合わせて議論をすすめるのは,思いの外,大変です。ただ,これらの方法が,遠回りのように見えて,しっかりとした理論的理解を深めているのも実感しています。これを読んでいる皆さんには,ぜひCUBE生になってもらって,日々の問題をしっかりとした理論や方法論で考える能力を伸ばして欲しいと考えます。

以上,CUBEのプロジェクトの紹介でした!

今回は10/23(土)のオープンキャンパスでも入試対策講座を行っていたRoger Palmer先生が他のCUBEの先生達と夏休み中にされた活動についてご紹介します!
とても面白い活動なので、ぜひ読んでみてください^^

What is THT?
Teachers Helping Teachers or THT (http://www.tht-japan.org/) is a grassroots organization founded by the late Bill Balsamo and other members of the Himeji City Chapter of JALT (the Japanese Association for Language Teachers) in 2004. THT helps teachers and students in and around Asia by providing professional development seminars and workshops in language education.

Where exactly does it operate?
THT runs professional development seminars in Bangladesh, Laos, the Philippines and Vietnam. Since 2009, it has also run seminars at Bishkek Humanities University in Kyrgyzstan.

Why does it go to Kyrgyzstan?
Ask Prof Brent Jones! Actually, one of his former students comes from Kyrgyzstan, and she heard him talking about THT and what it does. She approached him and asked if it was possible to run a seminar at her university. One thing led to another and he convinced me to go with him. That was the inaugural (first) seminar in 2009.

When does the Kyrgyz seminar take place?
The seminar in Bishkek, the capital of the Kyrgyz Republic, takes place in mid-September, just before classes resume at CUBE. We try to schedule at least three full days of presentations and workshops, with roughly three sessions running concurrently (at the same time).

Who participates in it?
Last year, there were just the two of us. However, this year we expanded the programme to eight instructors based in Japan. Five them of them were from CUBE, meaning that besides Brent and myself there were Greg Rouault and Richard Silver from the Management Programme and Eric Gondree from Study Abroad.

Why do teachers volunteer to go there?
It’s a great chance to meet fellow educators and students from Central Asia and learn about a new teaching context; it gives us an opportunity to share our ideas about teaching with fellow educators; it allows us to practice giving lectures, presentations and workshops; it provides an impetus for doing research into new areas in order to prepare for the sessions; it enhances career opportunities through giving internationally acknowledged presentations recognized by the Japan Association of Language Teachers. They also get to learn about a new culture, its people, language, food, and see its beautiful nature firsthand. We make lots of new friends, too.

Why do the teachers and students attend?
The participants get to attend a professional development seminar in their own country for free. Most of the teachers have no chance to go overseas to a conference, or to network with other professionals in their country. It’s often the first step on the path to a much more exciting and meaningful career as a teacher.

How does THT get funding?
THT relies on the goodwill of the volunteers who do all the work. It’s like any organization: it’s only as good as the people who are part of it. We also have a separate scholarship fund, which anybody can give money to. This helps students in poorer Asian countries who normally have no opportunity to get an education.

What’s the connection with Japan?
Because THT was started in Japan, it is a Japanese organization and most of its volunteers live here. It is something we can all be proud of. Also, the university department we work with in Kyrgyzstan, which has done so much to make a success of the seminars in Bishkek, is the Japanese department. So we are really grateful to all the teachers there. The cooperation between language teachers teaching a variety of languages is crucial.

Can I get involved?
Yes, of course! Our students have already been to the Philippines on a service learning project. We hope that in 2011, some CUBE students will accompany us to Kyrgyzstan – the first country in Central Asia to hold free and fair parliamentary elections!

Roger Palmer

2010年 9月 28日

University at Buffalo

こんにちは!スタッフの春名です。
ここ最近涼しくなり、ようやく過ごしやすい季節になってきましたね。

私は先月、夏休みを利用して特別留学コースの学生の留学先でもあるUniversity at Buffalo(通称UB)に行ってきました。
なので、今日はUBの紹介をすこししたいと思います^^♪

UBはニューヨーク州立大学の1つで、東アメリカで最も長い伝統と高い名声を誇る大学の1つです。3500名近くの外国人留学生を含めた約27000人の学生が学部、大学院、専門職業分野の学位を目指し、勉学に励んでいます。甲南大学の全学生が約9000人なので、3倍近い数の学生がUBに在籍しているということになりますね。文系・理系の学部だけでなく芸術系の学部などもUBには多く、部活動などもとても活発に行われているので、本当にいろんな人達がいる大学です。

ノースキャンパスとサウスキャンパスという2つのキャンパスがメインになっていて、授業の行われる教室だけでなく、29,000人が入れるスタジアムに病院、寮やアパートなどの施設もキャンパス内にあります。大学というよりは1つの町みたいなイメージかもしれません。


私も大学時代このUBに1年間留学していたことがあるので、今回の訪問は懐かしい気持ちでいっぱいになりました。
できることなら留学時代に戻りたいですね。笑

現在留学中の学生たちにもこれからどんどんダイアリーを書いていってもらう予定なので、彼らの声もお楽しみに^^

 2010年4月1日、CUBEで入学式が行われました。

 CUBEは2009年4月開講した新しい学校です。今年は2年目を迎え、二期生189名(女子99名、男子90名)が新たに入学してくれました。今まで200名であった学生数が、4月で400名になりました。キャンパスの風景がまた変わり始めています。

 1年生は授業が始まると、まず英語の授業でびっくり。マネジメントコースは週5回、特別留学コースは週約10回、ネイティブの教師による英語での授業が始まります。「今日の宿題は何だったの・・・」、授業が終わると宿題がわからず学生同士で確認する様子が日常的に目撃されます。英語は突然わかるようになるものではなく、使いながら学んでいくものです。4月、新学期。CUBE・Englishが始まります。

 また、2年生は、いよいよプロジェクト科目が始まります。CUBEの中心的な授業であるプロジェクトでは、経済学・経営学といった学びをベースに社会の問題にアプローチします。

 さらに、CUBEでは、今年から留学する学生が増えていきます。長期留学先としては、NY州立大学Buffalo校に加え新たにカナダVictoria大学経営学部が決まりました。特別留学コースだけでなく、マネジメントコースの学生も両校への長期留学が決まっています。

 2009年4月はCUBEの完成日ではなく、誕生日。2010年4月、新たに二期生が加わり、我々教職員と共に、CUBEの歴史と未来を創っていくことになります。

マネジメント創造学部 後期試験合格者のみなさまへ

3月10日に発送いたしました合格通知に「西宮キャンパス開放日(CUBE Open Day)について」案内状を同封いたしましたが、そちらの開催日に記載ミスがありましたのでご連絡いたします。

正しくは、3月27日(土)に開催いたします。

間違った案内の送付につきましてお詫び申しあげます。

その他、ご不明な点があれば 西宮キャンパス事務室(0798-63-5741)までご連絡くださいますようお願いいたします。

Hello Everyone,
We just arrived back in Calapan on the island of Mindoro last night. We were in the Manyan village of Banilad for 2 days. Our CUBE students (Miho Komatsu, Amiri Takata and Yoshihiro Ueda) worked with the Manyan Children at the village school established by the Bukid Foundation.
Miho and Amiri used KAMISHIBAI to introduce the story of Momotaro. The pictures they prepared were a big success. Mr. Ueda showed the children how to make a simple telephone using paper cups and string. He also led a dictation exercise. Yesterday, all the students played volleyball and catch the tail games.
We are in Calapan now to help at the San Lorenzo Ruis Academy. We rode in the parade this morning and are getting ready to act as judges in the schools academic competitions. The schedule has been pretty demanding so far, but all the students seem exited and are learning a lot. Here are some short messages from each of the students.

We will send some pictures later today.

Brent

From Student Message

Miho Komatsu(小松美穂/徳島北高校出身)
Everything is different from Japan especially Mindoro island.
But I am happy and enjoy their life.

Yoshihiro Ueda上田義紘/追手門学院高校出身
This tour is so interesting and exciting.
I understand teacher is very difficult job!.

Amiri Takata(高田あみり/明石城西高校出身)
Hi! I enjoyed a lot , especially smile of poor children in elementary school are very pure,and cute. I am impressed by the difference between rich and poor.

CUBE DIARY