ページ内を移動するためのリンクです。

CUBE DIARY CUBE ダイアリー

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

マネジメント創造学部 > CUBEダイアリー > CUBEライフ

2017年 8月 10日

プロジェクトのご紹介

今日はCUBEの学びの特徴!というべきプロジェクトについて、マネジメントコース2回生の武下慶輝さんのレポートをとおして、ご紹介します♪♪♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 渡邉プロジェクトでは、都市や地域の現状を知るために、7月8・9日に名古屋研修を実施しました。名古屋(愛知)は、東京・大阪に次ぐ日本三大都市のひとつです。大学進学で香川から出てきた私にとって、大阪も近くなり、都会生活(?)も慣れてきましたが、今回訪れた名古屋では、神戸や大阪とはまた違った雰囲気を味わうことができました。

以下の表は、今回の研修で訪れた主な箇所です。

  研修場所

1日目

  トヨタ産業記念館・大須商店街など

2日目

  熱田神宮・白川公園など

<トヨタ産業記念館>

 「トヨタ(Toyota)」といえば、現代の日本人にとって自動車産業として有名です。私自身も、トヨタの産業と言われたら、自動車産業のイメージがとても強かったです。しかし、実際にこの産業記念館に訪れて、新たな知識を増やすことができました。それはトヨタ自動車の起源が、豊田自動織機製作所(現在の豊田自動織機)という繊維産業の工場にあったことです。トヨタの歴史を知っている方にとっては当然のことなのですが、日本史や企業の歴史に疎い私にとって新鮮なものでした。

1

 この記念館では繊維産業がどのように発展していったのか、またそこで用いられる機械の発展がどのように遂げられたのかを学ぶことができました。最初は人の手を通して作られていた繊維が、水車の力を利用して作られるようになり、最終的には自動で動く機械で作られるようになります。その様子が時代ごとに展示されているため、とても見やすいものでした。記念館には実際に動く機械や、ガイドさんが説明してくれるところもあり、実感しながら学ぶことができました。

2

 繊維産業のゾーンを見学し終わると、自動車産業のゾーンを見学しました。そこでは普段見ることができない自動車の部品や構造、昔製造された自動車など様々なものが展示されていました。

3

 中でも驚いたのが、昔の車のクラクションです。現在の自動車はクラクションを鳴らすとき、ハンドルの真ん中を手で押して鳴らします。しかし、展示してあった昔の車のクラクションは、巨大な「パフパフラッパ」で、手ではなく足で挟んで鳴らすといった構造でした。現代の車では考えられない構造です。トヨタ産業記念館に訪れて、今までに知らなかった「トヨタ産業の歴史」や「繊維産業・自動車産業の技術の変遷」を学ぶことができました。

<熱田神宮>

 名古屋市という都会の中で、深閑としずまる熱田神宮。ここは、三種の神器の1つである「草薙剣」を祀る神社として多くの人に知られています。私たちが訪れた日もたくさんの人が参拝に来ており、境内では、神前挙式が行われていました。

また、熱田神宮はパワースポットとしても有名な観光地です。私も何か良いことがあるように、必死でお願いをしてきました!

?4

<大須商店街>

大須商店街は、名古屋の中心部、若宮大通、伏見通、大須通、南大津通の四つの通りに囲まれた区域にあります。

大須商店街は、さまざまな文化を受け入れる「ごった煮」の雰囲気が大きな魅力のひとつです。いま、日本では大型ショッピングモールやデパートなどの登場により、商店街は衰退しています。にもかかわらず、この大須商店街はとてもにぎわっています。

大須商店街のエリア内には、約1,200の店舗・施設があります。私は、主に食べ物中心のお店に立ち寄りましたが(苦笑)、そこでは、長年受け継がれてきた伝統的な味や、大須商店街にあふれる活気を体感することができました。

5

<名古屋市内>

 私にとって名古屋は「都会」というイメージが強くて、自動車や人が多くにぎわっている街かと思っていました。今回の研修が土日だった影響もあるのですが、名古屋駅周辺や大須商店街周辺は人でにぎわっていましたが、そこから離れていくにつれて自動車や人の行き来が少なくなっていきました。

名古屋は、「にぎやかな都会」のイメージがありましたが、実際に散策してみると、「(田舎の要素を含んだ)静かな都会」という新しいイメージができました。

最後になりますが、今回の名古屋研修全体を通して名古屋の街並みや、文化、トヨタ産業について学ぶことができました。私はこの研修を受けるまで名古屋に行ったことがなく、どこも初めてでした。その分、得るものも大きかったと思います。

2027年にはリニア中央新幹線が東京?名古屋間で開業を予定しており、約40分で大都市同士を結ぶことが可能になります。名古屋は、今後も発展し続けていく都市になると考えられます。今後どのような発展をし続けていくのか楽しみです。

?6

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 武下さん、ありがとうございました。

世界各国における環境問題について、1回生のポスタープレゼンテーションが行われました。

資料収集からはじまり、レポート、ポスターの作成、発表準備とボリュームたっぷりでしたが、

その成果をそれぞれのポスターや発表内容から強く感じとることができました。

おつかれさまでした!

 

_DSC5456 _DSC5476 _DSC5475

ピッツバーグ大学から14名の学生がCUBEにやってきました。 6月 – 7月にかけて5週間CUBEに滞在し、

日本語、日本の文化・ビジネスについて学んでいます。

_DSC5151 _DSC5063

先週末はCUBEの学生も一緒に京都フィールドトリップに出かけました。

二条城、金閣寺、龍安寺を巡り、お昼は錦市場で食べ歩き、京都を満喫しました!! _DSC5181 _DSC5220

甲南大学 マネジメント創造学部

5/31(水)1年生の必修科目「フレッシュマンセミナー」にて、本学部特別留学コースの前身であるEBA総合コースOBで、毎日放送(MBS)のアナウンサー、大吉洋平様にご講演いただきました。今回の講演では、大吉様から、アナウンサーの仕事や、学生時代どのように過ごしていたか、など貴重なお話をしていただきました。1年生にとっては、将来のキャリアデザインを考える非常に良い機会となりました。

_DSC4857

 

CUBE生とインドネシア教育大学生の国際交流

昨年に引き続き、インドネシア教育大学の学生10名が、CUBE生との交流や、日本の教育を学ぶために5月13日(土)‐20日(土)の一週間、CUBEを訪問!!2月にCUBE生がフィールドワークでインドネシアを訪れた際、インドネシア教育大学を訪問し、現地学生との交流を深めました。今回の滞在では、CUBEや甲南高等学校中学校の授業見学、大阪や京都へのフィールドワーク等、様々なプログラムに参加し、CUBE生と交流を図っています。

Facebook:https://www.facebook.com/konancube
Instagram:@konancube

_DSC4688 _DSC4693

_DSC4734 _DSC4720

_DSC4737 _DSC4719

毎年、指揮者の佐渡裕さんがスーパーキッズオーケストラと一緒に東北で実施している鎮魂演奏会に、

CUBEから3回生の若林瑞穂さん、南 梨穂さん、本木 哲久くん、金岡 信宏くんが同行し、被災地を訪問しました。

若林さんたちは、西宮学生ビジネスアイデアコンテストで最優秀賞を獲得した

震災学習用の教材としても使われる西宮の工芸品である和ろうそくの手作りキットを現地に商品を持参し、

海岸の慰霊碑の前に和ろうそくを灯したり、現地の方と和ろうそくをつくる会を開催したりと被災者と交流を図りました。

IMG_1294IMG_1295

IMG_1302IMG_1299

今回の活動や被災者からのお話を通じ、若林さんは、

「生と死が隣り合わせで私たちは生きている。常に備えることの大切さを痛感した」と振り返り、

「この学びを後輩たちにぜひ引き継ぎたい」と力強く語りました。

IMG_1297

2016度甲南大学学位記授与式が本日、3月25日(土)に実施され

179名のCUBE5期生が巣立ちました。

午前中、岡本キャンパスにて学位授与式が行われた後、西宮キャンパスで卒業記念イベントを実施。

Boyles学部長より最後のメッセージが贈られました。

_DSC4567

皆さん、CUBEで培った力を、是非社会で発揮して下さい!

社会でのご活躍、教職員一同心よりお祈りしております。

卒業はしてしまいましたが、いつでもCUBEに帰ってきてくださいね。

CUBEは永遠に皆さんの母校です。

本当におめでとうございます!

_DSC4484_DSC4527

_DSC4514_DSC4550

 

2月25日(土)に入学前スクーリングを実施し、高校生同士交流を図りました♪

_DSC4238 _DSC4249

【先輩から5つのテーマ(英語・基礎リテラシー・学生生活・フィールドワーク・プロジェクト)に沿ったプレゼンテーションを披露】

_DSC4279 _DSC4288

【CUBE styleの英語授業】

_DSC4309

【懇親会】

皆さん、こんにちは。気が付けば11月に入り、今年も残すところ2か月となりましたね。体調管理には十分気を配りつつ、2016年やり残すことが無いように、残り2か月も充実した日々を送りましょう♪

さてCUBEでは、11月1日(火)にハロウィンパーティ【★Halloween after Halloween☆】を開催しました!!

_DSC3597 _DSC3599

毎年恒例のCUBEのハロウィンパーティ♪学生はもちろんのこと、ネイティブの教員も本気で仮装をしていましたよ!そして今年も、さまざまな舞台パフォーマンスやレッドカーペットの上を歩く仮装ショー等があり、学生たちは大盛り上がりでした♪

_DSC3614 _DSC3630

IMG_0917 _DSC3619

この日の為に、夏から企画を進め、夜遅くまで打ち合わせを重ねてきた学生スタッフの皆さん、本当に本当にお疲れ様でした!!とても楽しいハロウィンパーティをありがとうございました☆

来年のハロウィンパーティも期待しております♪♪

_DSC3624 _DSC3635

 

皆様

こんにちは。暑い日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。受験生は、高校の定期テストや受験勉強、部活動とお忙しいとは思いますが、くれぐれも体調にはお気を付け下さい!

さて今回は学生インタビュー第一弾として、マネジメントコース3回生の新家愛菜さんにインタビューを行いました。

日頃はチアリーディング部に所属し、先日までアメリカに留学をしていた新家さん。

アクティブに大学生活を送っている新家さんのCUBEライフお届け致します。

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆CUBEに入学した理由を教えて下さい!

CUBEに入学した理由はCUBEのwebサイトを見たことがきっかけでした。甲南大学の他の学部とは違い、少人数制の授業やディスカッションの授業が多いという点が魅力的でした。また、留学制度も整っていたのでCUBEに入学することを決めました。

 

☆CUBEは授業や課題が多いけど、どのように両立していたのですか?

他の学部の人たちと比べるとCUBE生はかなりハードな生活を過ごしていると思います。私はあまり器用ではないので、部活と勉強、バイトの両立にはかなり苦戦していますが、無駄な時間や睡眠時間を削りCUBEの友達とお互いに助け合って勉強することで乗り越えてきました。周りの友達には心から感謝しています。大変な事は、offがほとんどない事と、授業やインターンなどが制限されるので悩んでいます。

 

☆部活に入っていて良かったことはどんな事ですか?

私は身近な人を喜ばせたいと思ってチアリーデイング部に入部したので、私たちの演技を見て感動してくれた人がいた時には部活をしていて良かったと思います。チアはただの競技ではなく、見かけよりも深いものです。何度も怪我をして多くの犠牲を払い、未知の恐怖に襲われることもありますが、チームが一つになって演技を完成させることが出来た瞬間は大きな達成感を感じます。私にとってチアは人生の一部のようなものであり、周りの人や仲間への思いやり、気配り、責任感などを学ぶ場であります。部活を通して精神的にタフで、優しく、周りに元気を与えることが出来るような女性に成長したいと思います♪

チアリーディング

 

☆新家さんは留学も行っていましたよね!?どこに、どのくらいの期間留学していたんですか?環境はどうでしたか?

留学は、アメリカのバッファロー州立大学に半年間交換留学をしていました。特別留学コースの人たちと同じ留学先だったこともあり、日本人は多かったですが、自分次第で英語を話す環境は作ることができます。バッファロー大学はインターナショナルな大学なので、様々な国から来た大学生と出会うことが出来ました。様々な意見や考え方を持っている人たちに出会えて毎日が刺激的でした!

留学(土地)

 

☆留学までの準備(TOEICやTOEFL等)はどうしていましたか?

留学に行きたいと入学時から思っていたので、英語の授業には特に力を入れて勉強するようにしました。ネイティブの友達をたくさん作り、英語を話すことに対する抵抗をなくそうとしていました。TOEICはテスト前に勉強するようにして、TOEFLは同じ時期に留学を目指していた友達とお互いにモチベーションを高め合いながら学校に残って勉強しました。

 

☆留学で成長した点はどのような点ですか?

留学に行く前までは、誰かと意見が違ったとしても、ただ賛成することが多かったのですが留学中に友達から意見を求められることが多々あったため、留学後は自分の意見をしっかりと持ち、主張することができるようになりました。また、勉強に対する考えも変わりました!海外の学生はほとんどが大学の授業は奨学金で受けていること、また将来の夢をしっかり持っていてその夢に向かって勉強している人が多いため、勉強に対する意識が日本人よりも高いと感じました。

留学(ハロウィン)

 

☆新家さんはすごくアグレッシブに色々と行動していますが、なにか夢がありますか?

今回の留学で、アメリカの大学に対する憧れが強まったので一度就職して様々な経験を積んでからもう一度海外の大学に留学して、今CUBEでは広い範囲を勉強しているので、もっと専門的な内容を勉強したいと考えています。最終的には外資の会社に就職する事を目指しています!!

留学(食事)

 

☆最後に受験生へ向けて一言と、CUBEの良い点を教えて下さい!

CUBEは本キャンパスから離れているため部活やサークルがほとんどありませんが、そこが逆にCUBEの良いところで、部活やサークルがない分、生徒たちは勉強やフィールドワーク、留学に時間をついやす事が出来ます。生徒は個性的な人が多く、それぞれが自分の興味のある事について真剣に取り組んでいます。CUBEは友達とも教授とも距離が近く、個人的な相談も親身になって聞いてくださいます。とてもアットホームで他の学部では味わえない素晴らしい環境が整っています。受験勉強は大変だと思いますが、大学生活はその大変さを補うのに十分な楽しさが詰まっています。最後まで諦めずに頑張ってください。志望校に受かっても、またそうでなかったとしても、決まった大学はきっと一番自分に向いている大学だと思います。素晴らしい未来に希望と期待を馳せつつ、頑張ってください、応援しています。

 

新家さん、ありがとうございました♪

 

 

 

CUBE DIARY