ページ内を移動するためのリンクです。

CUBE DIARY CUBE ダイアリー

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

マネジメント創造学部 > CUBEダイアリー > 2008 > 9月

2008年 9月 30日

ノートパソコン(井上)

今日はCUBEで皆さんに所有してもらうノートパソコンについて書きたいと思います。

CUBEでは、学生全員ノートパソコンを持ってもらいます。なぜかと言いますと、「今、どのようなところで働いてもパソコンが使えないと仕事にならない」といっても過言ではありません。

したがってCUBEでは、パソコンを「仕事や勉強に役立つ道具」として使いこなす能力を身につけて欲しいと思っています。「ノートパソコンで先生の講義をメモする」「プレゼンの発表をする」「プロジェクトで必要なデータを入手する」「留学先の友達とテレビ会議で話す」など、様々な場面でパソコンが活躍することでしょう。(学内はどこでも無線LANでインターネットに接続できます!)

さて、本題です。現在、大学生協さんの協力を得ながら、皆さんに購入を推薦するノートパソコンの選定を行っています。

・低価格モバイルノートパソコン

・4年間の保証+ウィルスチェックソフト込で10万円以内

大きくこの2つの条件をもとに、現在、下記の3種類のパソコンが候補にあがっています。

・HP 2133 Mini NotePC

・DELL Inspiron Mini 9

・Acer Aspire one

さらに、昨日、東芝が低価格ノートを発売するという情報が入りました!!!どれも甲乙つけがたく、うーん、どれにしようか・・・と悩んでいます。うれしい悩みです。

*これはイメージです(今私の手元にあるノートパソコンを並べてみました・・)

*これはイメージです(今私の手元にあるノートパソコンを並べてみました・・)

予定では、11月までに機種決定、2月末パンフレット発送、3月CUBEにて販売、というスケジュールです。皆さんには、詳細決まり次第、このブログでお知らせしたいと思います。楽しみにしておいてください!

(新たに購入せず、以下の条件を満たせばすでに所有しているノートパソコンをCUBEにて使ってもらうことも可能です。1)WindowsXP以上、2)メモリ512Mbyte以上、3)ハードディスクの空き容量10Gbyte以上、4)ウィルス検知・駆除ソフトがインストールされていること、5)ウィルス駆除ソフトは最新のパターンファイルを更新できる状態であること、6)無線LANが使えること、7)持ち運びが可能なサイズであること。尚条件は変更になる場合があります。)

こんにちは、CUBEスタッフの藤井です。

週末からぐっと気温が下がり、朝方寝ぼけていても必死に毛布を探すほど、「寒い。’゚:。’(((+_+)))。.*:゚・’゚゚」と感じるようになりましたね。 みなさん、体調崩していませんか??

私事ですが、この週末、職場の方が出演される日本舞踊を見に、大阪にある国立文楽劇場へ行ってきました。職場の方といっても、幼少の頃から日舞を習い、舞台に立ってらっしゃるプロ=本物なんです! 

初めて足を踏み入れた、日本で4番目の国立劇場=文楽劇場でその舞を鑑賞し、小鼓や笛、三味線の音に耳を傾ける。とっても素晴しい舞台でした。 そしてふと思ったんです。「日舞っていつ頃から始まったんだろう」 会場には数名、外国の方々もいらっしゃったのですが、自国の文化ながら「日舞についてどう説明すればいいんだろう・・・」と。お恥ずかしながら、これぞまさに教養の足りない状態です;

CUBEでは、美術家や音楽家など各分野の専門家を招いたり、美術館やコンサートホールを訪問するなど、本物に触れる機会を用意し、心を豊かにする感動・感激体験を通して真の教養を学びます。 たくさんの経験を通して、自ら気づき、知らないことを知りたい!とCUBEの学生のみなさんはきっと実感できるはずです(゚∀゚*) 

まだ高校生のみなさんでも、高校に入学したときの数年前の自分に「もっとこうしておけばよかったのに!」と今アドバイスしてあげたいことってきっとありますよね?? みんなより10年ほど人生の先輩なだけのわたしでも、大学生活を振り返って、就職活動を通して、社会で働いてみて、先ほどの教養の大切さを含め、みなさんにアドバイスしたいことがたくさんあります。 もっとたくさんの経験をしてきたCUBEの先生は、授業だけでなく、人生の先輩として、みんなに気づいてほしいこと、伝えたいことがたくさんあると思います゚+.(・∀・)゚+.゚+.゚  でもそれが例えば「本を読みなさい」という助言ではみんなもきっと、なぜそんなに本を読めと言われるのか分からないし、本を読まないですよね(笑) そのためにCUBEでは、いろいろな工夫をし、学生が自ら“気づき・学び・理解する”ためのアドバイスや教育を行っていきます。 夏のオープンキャンパスで佐藤先生の模擬授業に参加された方なら、「学ぶこと、考えることって楽しい♪」と思い、「勉強っておもしろいかも♪」という経験を、すでにしてるかもしれませんね! そうなの?まだだ(>ρ<)ξ という人は、ぜひ10月25日(土)のオープンキャンパスに参加してみてください。

先ほどの「本を読みなさい」の例ですが、それもまさに学生時代のわたしの経験★ あまり本を読まなかったんです(悲) それが今となっては、なんであんなに時間があったのに、学生時代に本を読まなかったんだろう・・・(xдx;)↓↓と後悔しています。 「1860年 桜田門外の変」、記憶だけの点でしかなかった歴史が、例えば「天璋院篤姫」という本を読んで、その時代に生きた様々な人の人生に興味を持ち、歴史をストーリーとして楽しむようになり、歴史上の事件もなぜ起こってしまったのか理解できるようになるんですよ! 4年間でたくさんのことを吸収するみなさんに追い抜かれないよう、わたしもCUBEのみなさんと一緒に学ぶことを楽しんでいきたいと思います。

CUBEスタッフ 藤井

CUBEは新学部、新キャンパス、新たな学生。私も来年4月より新米の教師です。来春より、私が今まで体験してきた国際的な広告やマーケティングそしてブランドの仕事や知識をもとに、日本、外国、そして国際的なマーケティングや経営の分野で君たちの将来への可能性を一緒に切り開くことが出来ることを楽しみにしています。

新たな学部CUBEは君たちを迎えるため、どう理解されたいのか、どのように君たちと話しかけようかと教職員+来年から教員となる、そしてサポーターとして応援して下さる方々で、昨年秋より月に1、2回集まり一緒に考えています。私達は広告も大切だけれど、直接君たちと会い、君たちの話を聞き、アドバイスをさせて貰う事がもっと大切だと考えました。オープンキャンパスなどでなるべく多くの君たちやご両親と直接対話できることが大切とも考えました。大学の公式サイトとは離れ、もう少し君たち受験生と対話ができたらとCUBE.comも作りました。君たちの中からCUBE第一期生が生まれます。我々は君たちと一緒にここからCUBEの文化と伝統を作っていきます。いろいろな質問や悩み、提案などどしどしメールを下さい。対話、討議を大切にしたいと思います。

    オープンキャンパスでの相談ブース

先週も会議に教職員が集まりました。CUBEも入学試験モードに入り、AO入試の募集状況の説明を受けました。まだ外部の人間ですが、来年からどんな学生と勉強できるかとても楽しみです。

EBAを引き継ぐ特別留学コースには、語学を駆使して留学を目指す優秀な受験生に多く応募してもらったようです。そしてマネジメントコースですが、大変多くの応募者に来てもらったようです。その応募理由には、自分の将来を一生懸命考え、マネジメント創造学部CUBEで勉強し、卒業したいと、その思いが伝わって来る受験生が数多くいると知らされました。その情熱に応えるため、応募理由を読んだ先生から、本当によい授業を作らねば、との決意がありました。私もその準備に入ります。

両コースとも高い能力と意欲を兼ね備えた沢山の受験生が出願してくれています。オープンキャンパスに来て話してくれた受験生も数多くいます。みんな自分のベストを発揮してください。全員が皆来てくれると良いのですが、定員があります。これから始まる公募制、一般入試、そしてセンター試験も含め、これから幾つものCUBEへの挑戦の機会があります。一度であきらめずに、あと数ヶ月の間、落ち着いて受験準備をしてください。みんな頑張れ!そして4月にお会いしましょう。CUBEで。

先週の会議で、もう一つ報告がありました。CUBE新校舎の内部のデザインや家具等に関して、です。今から30、そう30数年前に米国の大学院へ留学した時、大学の図書館にびっくりしました。ゆったりした読書用の椅子やテーブル、試験や宿題の準備に適した静かで隣と仕切られた自習机、チームで討議をする、グループ学習のための部屋、休憩と食事用のカフェテリア、・・・ 学生を一人前に扱い、勉強する環境にあるため、深夜まで勉強する学生で一杯でした。CUBEの施設はもっと素晴らしい。調べ、考え、討議し、まとめをつくる。勉強に適した素晴らしい環境です。意欲のある君たち第一期生、勉強・考えることに適した施設、情熱ある教職員。何よりも素晴らしいのは、勉強するために椅子や机も含め、環境が吟味して選ばれていること。CUBEは君たちを一人前の大人として扱っています。

  交流ラウンジ ※イメージは変更される場合があります。

今国内、アジア、世界の社会、経済、消費者、テクノロジー、企業や社会活動に大きな変化が複合的に起きています。

この時代こそ勉強することが大切です。教えられるのではなく、自分で学ぶこと。私はCreativityImagination創造力と想像力がマーケティングでは必要と思います。来年一緒に勉強しましょう。その為あと数ヶ月、みんな頑張って計画をもって準備してください。

こんにちは。スタッフの天野です。

甲南大学は先週中ごろに夏休みが終わりました。夏休み中はセミの声だけが響いていたキャンパスですが、今は学生の皆さんの活気が戻ってきています。 1年後の今ごろは、西宮のキャンパスで、CUBE1年生の皆さんが充実した夏休みを終えてキャンパスに帰ってくるのでしょうね。 岡本キャンパスの様子を見ながら、早くCUBE1年生の皆さんと一緒に過ごしたいとあらためて思いました。

さて、CUBEパンフレットのご連絡です。
佐藤先生がバ?ンと大きく載っている、6月発行の6ページパンフレットがついに底をついてしまいました。受験生の皆さまから予想をはるかに超えるたくさんの資料請求をいただいたおかげ。ありがとうございます。

「まだ持ってなかったのに!」という方、ご心配なく。
近日中に、パンフレットはPDFファイルの形式でホームページに掲載しますのでご安心ください。ダウンロードが可能です。
  ※「PDFファイルって何??」というあなたは、10月25日のオープンキャンパスで、井上先生に質問してみましょう!
ということで、今日以降に資料請求をいただいた皆さまには、3種類のパンフレットをお送りすることになります。
(パンフレットの詳細は、9月6日の投稿をご覧ください)

ところで、現在、CUBEホームページの内容を充実させるため、いろいろな準備を進めています。
たとえば、まだ一部の先生しか掲載できていない先生紹介のページ。受験生の皆さんも「どんな先生?」って気になりますよね。数日前からWEB制作会社の方々と一緒に、写真撮影や取材を進めています。

取材を終えたWEB制作会社のSさんが、ちょっと嬉しい話を聞かせて下さいました。
「取材では全ての先生方に “あなたの考えるCUBEとは?” と質問していますが、どの先生も絶対同じ答えなんです。もちろん、表現の仕方は違いますが、根本にあるCUBEに対する思いは、どの先生も同じ。学部としてしっかりとした芯が通っていますね。」と。

先生たちは一丸となって、同じ目的や目標、つまりCUBEに通う学生の皆さんの成長のために力を合わせている・・
身近なクラスや部活に置き換えてもらえればわかるように、これって当たり前のようでいて、実は意外と難しいことですよね。CUBEの先生たち、すごい熱意です。

こんな熱い先生たちと一緒に学ぶCUBEの学生の皆さんは、絶対に素晴らしい4年間を過ごせるはず!!
出来ることなら私も15年ほど若返って、CUBEに入学してみたい・・

なお、取材した先生たちの写真や記事は、10月以降、順次、ホームページでご紹介していく予定ですので、チェックしてみてくださいね!

それでは、また。
33歳のスタッフ、天野でした。

こんにちは、CUBEスタッフの藤井です。

先日、AO入試第1次選考の結果について「合否をインターネットで確認できますか?」との質問をいただきました。受験生のみなさんにとって、とっても!と?っても!!気になることですよね(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。) 一刻も早く知りたい結果だと思いますが、現在選考中のAO入試、11月からスタートする公募制推薦入試ともに、試験結果については合否通知を発送します。掲示発表、インターネットでご確認いただくことはできませんのでご注意ください。 ちなみにAO入試の第1次選考の結果については10月3日(金)に発送されます(((; ゚д゚))) もうすぐ!!

もうすぐ!!というとCUBEのオフィスでは、10月5日からスタッフの石野が特別留学コースの留学先であるニューヨーク州立大学バッファロー校(UB)へ視察に行ってきます。向こうの様子は、このブログの中でご紹介します。お楽しみに♪

?

↑↑ UBの写真です+.(・∀・)゚+.゚+.゚

スタッフ 藤井

こんにちは、CUBEスタッフの藤井です。

このブログの中で順次お伝えしている建築中のキャンパスですが、今日は最新のパースが出来上がってきたので、みなさまにご報告いたします♪ まずは9階建てのキャンパス中心部、吹き抜け*゚・。+゚*。+ パースの中で見える底の部分が5階です。

5階部分となる吹き抜けの底、この左手側がCUBEのカフェテラスになります。

来年の4月には、180人の一期生のみなさんがここでランチをするんですね(>∀<)/ 想像するだけでワクワクしちゃいます。ちなみにここで提供されるメニューについては現在、生協さんと一緒に準備を進めています。ランチメニューが決まったら、またご報告したいと思います。楽しみにお待ち下さい。

???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

スタッフ 藤井

※キャンパスのイメージは変更される場合があります。

This is my first blog entry on CUBE. Just like you, I’m new to this site. And I’m excited about all the new stuff that is happening. And I can’t wait for all the changes next year.

The long hot summer is behind us now. One boiling hot day I remember going with Brent (Prof. Brent Jones) to visit the CUBE building-site. It was incredible to go up to the 9th floor, in a lift outside the building, wearing safety helmets, and look all around Nishinomiya from the top of our big building. Up high, it still didn’t have any glass in its windows at that time. There was a breeze on the 9th floor of the building that cooled you off a bit, but as you came down towards street level it got hotter and hotter. It also got more interesting, because a lot of the building was already painted and finished on the ground floor, and yes, there was already glass in the windows. I think we’re all going to love the views, and the layout and concept of the building will amaze a lot of people. I’m sure it will be a really good place to be and to belong to and have a real c ommunity feeling

Did you read Brent’s blog entry about volunteering in the Philippines? Well, I’m also active as a volunteer for Teachers Helping Teachers, and we went on a trip to Vietnam in June to help with development through education. The destination was a city called Hue, which some of you may have heard of: it has beautiful UNESCO World Heritage Sites, for example.

Teachers from all over Vietnam came to attend our weekend seminar. Many of them had very long and uncomfortable journeys from small rural villages without basic facilities. Unlike Japan, many of their students in schools do not have enough books, do not have TV, and have never used a computer, and have probably never met a native-speaking teacher of English. When some of the teachers learnt that I was from England, they tried to imitate my accent!

Here are a couple of pictures of me in a workshop with some of the participants. This room was in the university in Hue, so the facilities were good. But it was extremely hot so we were all suffering in there!

One thing we try to do in countries like Vietnam is to take the seminar or conference to the people, but not to ask for anything in return. The participants attend in their own country, and they do not have to buy books or anything like that. We use our own computers, and make our own copies before we leave Japan. Most of the teachers who went to Hue gave books to the library, and our group collected money and gave it as a scholarship for some students to study at the university.

The experience of leading workshops and talking to others who are interested in education is more than enough reward for going there, and all of us were touched by the people of Vietnam who we met. Of course, we would like to do much more, and I think there are many other projects in business as well as education that CUBE students might find valuable in the future. What we have found is that without international languages like English, it is hard for people in places like Hue to develop their economies and improve their standard of living, health care and overall quality of life. It is nice to dream that perhaps one day development can take place from the modest efforts of a group of volunteers!

こんにちは、CUBEスタッフの藤井です。

前回は駅から見たキャンパスを紹介しましたが、今日はさらに近くから!その様子をお届けしますo(^▽^o)(o^▽^)o 先日の佐藤先生のブログにもあったとおり、現在建築中のキャンパスは9階建て゚+.゚+.゚ 外観はほぼ出来上がり、ついに屋上には「甲南大学CUBE」の看板もかかりました。 内装についても、先日はカフェに置かれるイスの布選びをしたり!着々と準備が進んでいます。

そして、CUBEの隣には一足先のこの秋オープンする阪急西宮ガーデンズの建築も完成に向け進んでいます。ここには阪急百貨店、TOHOシネマズ西宮OS、イズミヤを中心にファッション、インテリア、レストランなど268店舗も入るそうです*。・+(*゚∀゚*)+・。* なんだか楽しそう!という気持ちももちろんですが^^東隣の商業施設、また西隣にある芸術文化センターなど、周辺の様々な施設もまた、みんなの学びの場となると思いますよ。

CUBEでは、地域、行政からも喜ばれる大学づくり、学生づくり、そしていろいろな形で街づくりに貢献していきたいと思っています。その活動はみんなが行うプロジェクト型学習の中でもテーマのひとつとして、いろいろな経験をさせてくれると思います‥(´∀`),。・:*;゚

CUBEスタッフ 藤井

みなさん始めまして。CUBEで経済学、公共政策を担当する倉本宜史です。

さて、私の自己紹介もきちんと終わっていない間に、早速3枚の写真が出てきました。

この写真に写っている飲物には同じ名前が付けられています。

「え?、容器の形も、色も全然違うジュースじゃないの…?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、正真正銘同じ名前です。

では、何が違うのでしょうか?

答えは「販売されている国」です(味は・・・私には違いが分かりませんでした(f^^) )。

それぞれの国によって人々の好みや考え方が違うことから、同じ飲物一つとっても違う容器、色で販売されているのです。

私は「外国に行けば日本では売っていないものを見ることがあるだろうなぁ」とは思っていましたが、まさか同じ名前のものでこんなにも見た目が違うものがあるなんて、正直ビックリしました。

CUBEでは、海外生活の経験者や西宮の地域の人々、国内の様々な地域の出身者と出会い、交流を持つことができます。(先ほどの飲みの違いのように、我々の今まで知らなかった多くのことを見聞きできます。)

私は皆さんに対し多くの人との出会いの中から、「世界には似ているようで違うこと、違っていそうで似ていることがある」という事実を知ってもらいたいと思います。

また、そうした経験を通じ、日本と世界の常識、世界から見た日本、世界の中の日本を学び、自分のこと(自分たちのこと)を堂々と紹介できる社会人になってもらいたい、そしてその手助けとなりたいと考えています。

来春に皆さんとお会いできること、楽しみにしています。

なお、私の趣味は「旅」です。

さっきの写真がどこの国の飲物か、分かった人は相当な旅人のはず・・・。

※ちなみに、私の担当する経済学を通じてCUBEで皆さんが何を学ぶのかについては、次回の私のダイアリーで紹介しますね。

2008年 9月 16日

CUBE便り(佐藤治正)

20094月新学部開設に向けて、現在、着々と準備を進めています。今回は、CUBEプロジェクトの進捗状況等々、少しばかり紹介してみましょう。

1.建物・設備

外観はほとんどできあがり、今後は、内装、設備設置も進んでいきます。そんな中、9月初旬にはレストランのデザインが完成しました。9階建ての新校舎の吹き抜けの底が5階。このフロアには、レストランやコラボスペースがあり、新校舎の中心的な空間となります。中央の吹き抜けの壁面には映像を投影して、卒業式やミニコンサート等様々なイベントを実施することになるでしょう。レストランのデザインは、9月中にホームページに掲載する予定です。
は、5階コラボスペースです。吹き抜け部分を挟んで反対側がレストランのスペースです。

2.Lecture Hall, Lecture Room・・・

CUBEでは、各部屋・スペースに日本語と同時に英語の名前を表記する予定です。英語名について、Jones先生、Palmer先生を中心に検討しました。例えば、大きめの講義室はLecture Hall、小講義室はLecture Room、演習室はClass Room、教員研究室はFaculty OfficeIT工房はIT Studioです。

また、CUBEでは、1年生を4つのユニットに分け、各ユニットそれぞれには、固有の色やニックネームなどがあり、また、各ユニットが自由に使える教室も準備する予定です。ニックネームなど、もしかしたらCUBEの一期生から募集することになるかもしれません。ハリーポッターの4つの寮に名前と歴史があるように、CUBE4つのユニットがそれぞれ個性を持って成長してほしいと願っています。

3.入試

AO入試の願書受付が始まりました。マネジメントコースでは、面接(グループワーク)が実施されます。ここでは、グループワークについて少し解説しておきましょう。受験者数にもよりますが、当日は受験者を5名から6名のグループを分け、各グループで与えられたテーマについて話し合い、作業を分担し、最後にグループでプレゼンテーションをしてもらう予定です。例えばということで、グループワークの例を、来週末くらいにホームページに掲載するつもりです。

CUBE DIARY