ページ内を移動するためのリンクです。

CUBE DIARY CUBE ダイアリー

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

マネジメント創造学部 > CUBEダイアリー > 2008 > 12月

冬期休業に伴い、12月26日(金)から1月4日(日)まで、事務室業務を
休止させていただきます。

上記の期間中は、以下のアドレスや電話への対応ができませんが、
ご了承くださいますようお願い申しあげます。

  cube@adm.konan-u.ac.jp
  078-435-2890

 なお、システムトラブルなど、緊急のお問合せにつきましては、
 以下へご連絡ください。
 h-amano@adm.konan-u.ac.jp

  ※対応にお時間を頂戴する場合もございますが、ご了承ください。

12月23日(祝)に実施しましたオープンキャンパスで、落し物がありました。

お心当たりのある方は、西宮キャンパス開設準備室までご連絡ください。
cube@adm.konan-u.ac.jp

4階に落ちていたマフラーです。

4階に落ちていたマフラーです。

※ なお、12月26日から1月4日は冬休みです。申し訳ございませんが、その間にいただいたご連絡には、1月5日以降に回答させていただきます。

こんにちは、スタッフ藤井です。 ここ数日、blogの更新がとまってしまって申し訳ありませんでしたm(__)m 

CUBEでの初オープンキャンパス☆、昨日23日に開催されました。 お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。またキャンパスツアーにご参加いただいた皆様、お待たせしてしまい大変申し訳ございませんでした。

来られなかった皆様のために、オープンキャンパスの様子をご報告いたします♪

■キャンパスツアー

前日に完成したばかりの新しいキャンパスということで、たくさんの方々に楽しみにしていただいていたプログラムの一つでした。 ツアーの中では1Fから9Fの各施設やこだわりをご紹介。「キレイ」「すごい」「いいな?」「おおっ!」っとツアー中、参加者のみなさんはとにかく驚いていらっしゃいました。

 キャンパスツアー中の様子。

 パソコン教室。ガラス張りの開放的な空間です。

 学生プロジェクトスペース  

 5Fから見上げた吹き抜け部分

佐藤先生による学部説明会では、今までとは違う学習方法、少人数クラス、多彩な教員など、CUBEの特長をお話いただきました。

 →コチラは個別相談ブース。

個別相談ブースでは、入試や奨学金、下宿についてだけでなく、アメリカでの留学を体験したEBAの学生のみなさんにもご協力いただき、留学についての相談ブースも設置されました。

残念ながら今回CUBEオープンキャンパスに来られなかったみなさん、CUBEへの質問がございましたら、お気軽に事務室宛にご連絡ください。cube@adm.konan-u.ac.jp

※ なお、12月26日より事務室はお休みのため、お休み中にいただいたご質問には1月5日以降に回答させていただきます。申し訳ございません。

2008年 12月 19日

狼と国富論(新井康平)

もうすぐ冬休みですね。新井康平です。師走,とはいい得て妙で,結構忙しいですね。
さてさて,これを読んでいる高校生の皆さんは,受験生の人もいれば,もうCUBEへの入学が決まった人もいるのでしょうか。今回は,特に受験が終わった段階で読んでおいて欲しい,本の紹介とかしちゃいます。CUBE合格者の人は,是非お正月に読んでください。

2冊紹介しますね。軽めと重め。

軽めの本は,小説で「狼と香辛料」です。これは,Amazon.co.jpの紹介文によれば,

「行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何者でもない」老獪な話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。しかし彼女が本当に豊穣の狼神なのか半信半疑ながらも、ホロと共に旅をすることを了承した。そんな二人旅に思いがけない儲け話が舞い込んでくる。近い将来、ある銀貨が値上がりするという噂。疑いながらもロレンスはその儲け話に乗るのだが―。第12回電撃小説大賞“銀賞”受賞作。」

という本です。普通に読み進めていけば,面白さをわかっていただけるかと思われます。
ですが,CUBEの学生になる予定の皆さんにはそれ以上の読み方を期待しています。是非,「お商売」あるいは「商(あきない)」と呼ばれる行為の本質をこの本から学び取って欲しいと思うのです。いくつかのポイントはあるのですが特に重要だと考えるのが「希少性」,つまり滅多に存在しないことの価値が,この小説では1巻以降も一貫して商売の機会として描かれています。

この希少性という問題は,現在の経済の根本の一つです。生きていく上で必要不可欠な水は安いのに,生きていく上で必ずしも必要ではないダイヤモンドは何故高いのか,といった問題は,まずもってこの希少性の概念から考えてみると良いでしょう。

もうひとつ,今度は重めの本を。「国富論:国の豊かさの本質と原因についての研究」です。歴史の教科書でも出てきますね。この本,かなり読みやすくて,高校生でも十分いけます。これも,Amazon.co.jpの紹介文をみてみましょう。

「市場とは、労働とは、豊かさとは―。経済と社会のしくみ、本質を、わかりやすい例と平易な言葉で解き明かした政治経済学の金字塔。画期的新訳で甦る不朽の名著。」

という本です。著者のAdam Smithをこの本をもって経済学の祖と考える人もいます。このエントリーを書くために,久方ぶりに読み返してみましたが,本当に経済の本質的なことが書かれまくっています。そんなに難しい言葉ではないのに。彼が生きた時代は,先ほど挙げた「狼と香辛料」の時代設定より少し後です。つまり,工業化が始まるころです。ここで,彼の本によって経済についてもう一つ重要なポイントが加わります。それは「分業」です。

少し大雑把に,誤解を恐れずに言えば,「希少性」の考え方は個人が豊かになるために,「分業」の考え方は皆が豊かになるために重要なものです。これらの本を読んでからは「希少性」と「分業」という2つの眼鏡をかけて,日々の町並みを眺めてみてください。いろんな問題を解決できるかもしれませんし,新しい問題を発見できるかもしれません。考える訓練としても有効だと思いますので,これは是非お薦めであります。

2008 is gradually coming to a close. How has this year been for you?

There is a custom in England of making a wish at Christmas. Most of you probably already know that a wish is something you want. For example, you may really want an item of clothing that is really expensive, and you cannot afford to buy it yourself, but you hope that someone will buy it for you and give it to you on Christmas Day. Or else you wish for world peace and an end to all the senseless wars in the world, and you care about the original meaning of Christmas as a time of giving. Of course, it is hard to achieve world peace by yourself, but you can change the environment around you. This is the idea behind Think Globally, Act Locally. Actually, many English people organise a Soup Kitchen at Christmas. What is that? Well, a Soup Kitchen is food that you give to homeless people so that they do not fall ill due to lack of food or cold at the coldest time of year. If any of you know the delightful tale by the novelist Charles Dickens, called a Christmas Carol, a wicked man named Scrooge keeps all the money to himself, and will not give any money to the poor and sick and old who need it. He finally comes to understand that giving is more important than receiving. So anyway, the key idea of the Festive Season is not really the exchanging of presents. That is a kind of custom or ritual, and children especially love it; but for adults, the idea is to give to the needy, the people who really need our love and help. In the words of the old folk song:

Christmas is coming, the goose is getting fat,

Please put a penny in the old man’s hat!

Many people in Japan have asked me about the connection between the religious festival of Christmas and Father Christmas – the person you know as Santa Claus. Well, the story I learnt as a child was that there was an old folk festival in Scandinavia, called Yuletide. Every year, the winter was snowy and very long, and to cheer the people up there was a big celebration. That is the origin of snow, Christmas trees, Santa Claus, the reindeer, gifts carried down the chimney in a sack, and the magic and mystery of the occasion. Then there was a religious festival, which is concerned with the birth of Jesus, the camels in the desert, the stars, the poor child and his family, carol singing about Bethlehem, the three kings who carried presents for the baby, and at school we used to act out the Nativity Play (the story of the birth of Jesus). Naturally, it is hard to know when exactly there two traditions became one, and why Santa Claus now wears a red coat and has a white beard, but with the addition of advertising and marketing and sales and commercialism we now have the modern Christmas.

In Japan, we can also enjoy Christmas now, and especially the illuminations on the trees. Here is a photo of the gigantic tree at Kyoto Station:

[Accessed December 15, 2008 at?http://kyototravelguide.blogspot.com/2008/12/illumination.html]

Compare this with the Christmas lights in Regent Street in Central London. It is a tradition that Oxford Street and Regent Street light up the sky above the shoppers every year:

[Accessed December 15, 2008 at?http://www.ukstudentlife.com/Ideas/Album/ChristmasLights.htm]

It seems then that the custom of celebrating Christmas has spread to many countries around the world. There are some people that feel this is a happy thing because they get to enjoy these celebrations and it makes their lives richer and fuller. Others, however, feel that Christmas is not a Japanese festival, and that it is artificial, and that it is only about money. As I mentioned above, I feel that Christmas is partly about shopping, but it is also about all those other things too. I think it depends on the individual and how he or she wants to celebrate it. As for the idea that it is not Japanese, it is quite a difficult thing to separate things so neatly. Do we eat Western food? Do we wear Western fashions? Do we listen to Western music? Do we celebrate Western-style weddings? Does the Japanese language have loan words from the West? I hope at Christmas, the season of goodwill, we have the chance to think about things in our lives, and decide for ourselves what is important.

Merry Christmas and a Happy New Year!

よく学生から「パソコンが使えるようになりたいのですが」という質問を受けます。

さて「パソコンが使える」とはどんな状態でしょう。「タッチタイピングがすごい」「ワープロソフトの機能をたくさん知っている」「プログラミングができる」など、人によって求めるスキルは異なるでしょう。

確かに、このような知識やスキルも必要です。しかし、本当に必要なのは「パソコンやインターネットとは、問題解決のための道具である」ことを理解し実践することです。

車に例えると、エンジンやミッションのすべての構造を覚えるのではなく、「車で友人たちとドライブへ行く」「たくさんの荷物を一度に運ぶ」といったように、自分の生活や行動を変化させる道具としての使い方です。

CUBEでの情報教育は、「先生の操作を見ながらワープロを打つ」といった情報教育は行いません。

「来週のプレゼンで自分の意見を的確に相手に伝えたい」「新しいアイデアを文章として形にしたい」、など、機械操作の先にある「自分のやりたいこと」をテーマに情報教育を行います。

「先生から教えられた操作しかできない情報教育」から、「自分のやりたいことができる情報教育へ」。これが私がCUBEで実践する情報教育の姿です。

2008年 12月 11日

CUBE便り (佐藤治正)

久しぶりの海外出張中です。今年は5月にNYWashington DCに出張し、今回は先週末から1週間オーストラリアとニュージーランド出張となりました。月曜はSydney、火曜はCanberaで企業やコンサルと意見交換しました。水曜はMelbourneで政府規制当局を訪問し、その後、飛行機を乗り継いで、本日23時過ぎにニュージーランドWillingtonの空港に到着し、深夜ホテルにチェックインしました。

オーストラリアでは、円が高いこと、オーストラリア人が皆親切なこと、そして素晴らしい自然に驚かされました。豪ドルは1年前100円強であったものが、今は60円強です。また治安もよく、老後オーストラリアに住みたいと思う日本人が多いことも納得できました。最近では、日本企業の現地法人も撤退したものが多く、日本からの観光客も減少しているようです。

今回は、日本のシンクタンクとの共同調査で、1週間お願いしている現地の通訳の方は、旦那さんが甲南大学の卒業生ということで、驚きました。Sydneyにも甲南会(同窓会)があり、彼女の旦那さんは幹事として甲南会の旗を家で預かっているとのことです。オーストラリア、ニュージーランドでも留学の提携校やインターンシップ・ボランティア活動先を見つけたいので、来年また来ることになりそうですが、通訳の方は近隣の大学で講師もしており、情報収集等いろいろと現地でお手伝いお願いできそうです。

今週土曜に帰国します。帰国後は23日のオープンキャンパスの準備となります。オープンャンパスで、CUBEに関心を持ってくれる多くの学生と、また会えることを楽しみにしています。

?

?

2008年 12月 11日

Slowing Down (Brent A. Jones)

Slowing Down

I chose to write on this theme today for a couple of reasons. First, November and December are usually busy months for me, and I wanted to remind myself to slow down and not let the pressures of my overloaded schedule get to me. Also, I worry about the people around me. I see people rushing here and there and forgetting to appreciate their blessings: family, friends, health and peace. It’s easy to get so involved in our daily routines that we don’t have time or energy for really important matters. Finally, I have been reading on the topic of consumerism (preparing for our global challenges class next year), and was reminded of a social campaign called the Slow Food Movement. Part of this movement is encouraging people to slow down and enjoy their lives more. One of my favorite sayings in Japan is “ichigo ichiei.” I hope more people can appreciate each moment.

So how does this topic relate to our new department? In talking with other faculty members, I believe we share a vision of CUBE that looks at Management in the broadest terms. Included in this broader vision is management at the personal level: managing our own health, time and career. As part of their 4 years of study at Hirao School of Management, I want CUBE students to craft their own personal vision and mission statements. These statements may eventually change as we go through life, but once we have these statements we can set short, medium and long-term goals for ourselves. Having these clear goals makes time management easier. It is easier to say NO to distractions or people who are trying to pull us in directions we don’t want to go. Having clear priorities will make it easier to schedule our time and devote our energies to fulfilling our dreams. So, what is your vision?

Here is an old photo I found of my daughter and me feeding some kangaroos in Australia. Spending time with my family is one my favorite ways to slow down.

こんにちは、スタッフ藤井です。

少し前にご紹介した、佐藤先生のラジオ収録。今週12/11(木)が放送日になります。

12/11(木) 19:00-19:30 さくらFM[78.7] ソワレダンサントゥ

※再放送は12/25(木)同じ時間の予定です。

限られた地域だけになるかと思いますが、ぜひチェックしてみてください! また先週からホームページで掲載のとおり、12月23日(祝)のオープンキャンパスin西宮の詳細が決まりました。こちらも合わせてチェックしてみてください!!

http://www.konan-u.ac.jp/faculty/cube/open/index.html

みなさんこんにちは、CUBEで経済学を担当します、倉本宜史です。

先日まで、横浜、東京と関東へ出張&観光に行って来ました。

いつも福井の写真を紹介すると言ってきましたが、どうやら写真のサイズが大きすぎて貼り付けられないということで、今回の写真は東京タワーです。

今年が50周年ということで、ライトがいつもよりも綺麗ということでした。

(私は「いつも」を見ていないので、比較できませんが、友人がそう言っていました。)

さて、東京タワーがなぜ登場したかといいますと、昨今、色々な話題になっていたからです。

私は、某テレビ局で東京タワーを作ったに多くの専門家がそれぞれの得意な分野で知識、経験、技術を出し合い、そして結束力でもって作り上げたドキュメンタリーをみて、感動したのを覚えています。

そう、前回の私のブログを呼んでいた人はお気付きかも知れませんが、今回もプロジェクト(続き)に関してお話します。

前回はプロジェクトを進めるうちで大切なのは「役割分担」ということまでは話しました。

今日は、役割の振り方について考えます。

これからはまず、物語の前提条件をお話します。そのあと幾つかのパターンに分けて考えます。

[前提条件]

今、あなたはカフェを経営しているオーナーだとします。このカフェはいつもお客さんで賑わっています。

あなたは出来るだけ多くのコーヒーやケーキをお客さんに提供するにはどうしたらよいのかを考えています。

従業員はAさんとBさんの2人です。2人は10時から18時まで8時間働いてもらいます。

仕事の内容として「コーヒーを入れる」と「ケーキを作る」の2つがあります。

[パターン1]

Aさんはおいしいコーヒーを1時間で10杯入れることができます。

Aさんはケーキを1時間で10個作られます。

Bさんはおいしいコーヒーを1時間で5杯入れることができます。

Bさんはケーキを1時間で20個作られます。

ここで問題、「カフェのオーナーであるあなたは、AさんとBさんにどのように仕事を分担しますか?」

(但し、1時間で作られるコーヒーとケーキの数は時間がたっても変わらないとする。)

答えは、「Aさんにコーヒーを入れる仕事を8時間、つまりコーヒーを80杯入れてもらい、Bさんにケーキを作る仕事を8時間、つまりケーキを160個作ってもらう」です。

この考え方は経済学では「絶対優位」と言います。

Aさん、Bさんはお互い相手よりも明らかに得意なものを作ったと言うことです。

では、次の問題を考えましょう。

[パターン2]

Aさんはおいしいコーヒーを1時間で10杯入れることができます。

Aさんはケーキを1時間で10個作られます。

Bさんはおいしいコーヒーを1時間で5杯入れることができます。

Bさんはケーキを1時間で8個作られます。

ここで問題、「カフェのオーナーであるあなたは、AさんとBさんにどのように仕事を分担しますか?」

(但し、1時間で作られるコーヒーとケーキの数は時間がたっても変わらないとする。)

答えは、…これは次回の楽しみにしておきましょう。

みなさん是非考えてみてください。

CUBE DIARY