ページ内を移動するためのリンクです。

CUBE DIARY CUBE ダイアリー

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

マネジメント創造学部 > CUBEダイアリー > 2009 > 2月

Last week, I returned to Hue in Vietnam. Usually, when I go there I give presentations to groups of teachers. This time, I was lucky enough to teach a group of about 40 third year university students studying English and education at the Hue University College of Foreign Studies. So, what if any are the similarities and differences between students in Vietnam and students in Japan?

The first thing I noticed was the kinds of facilities we take for granted at CUBE. Our building has Internet access everywhere, we have fabulous classrooms equipped with whiteboards, interactive monitors, desks that can be moved, we have project spaces where we can work with our own laptops, a library, an English-only Zone, etc. In other words, the design of the CUBE building allows us to learn effectively, efficiently and creatively and encourages critical thinking, teamwork and leadership.

By contrast, even though the buildings in Vietnam were new, there were few books in the library, and students did not have their own computers. The electricity failed for one day while I was there too, but no one seemed to mind. There was no wireless Internet access for 3 of the 6 days I was teaching in the university either, but we coped with that too. Take a look at the students in one of the rooms for language lab work.

It was actually a nice room, with a big window and desks and a projector we borrowed. There was enough to get by with, and we all adapted well to the environment we had.

The next observation is about the building and the nature of study in Vietnam, rather than the facilities. Here are two things you will probably not find in Nishinomiya:

Yes, the first is a cow on campus! There was lots of open land, and the cows used to come by in the afternoon to graze on the land. They seemed very happy there, and it also kept the university grass from growing too long. I thought it was really nice to see animals so near to a city. We were very near to the centre of Hue there.

The other thing that was different? Well, who do you think this is?

Yes, one of the greatest national heroes in the history of the country, Ho Chi Minh, who helped Vietnam attain independence. He is greatly revered by the people, and you can find statues like this in the biggest classrooms. Students told me that they all study the theory of his political philosophy as well as that of Lenin, and that their grades in that class count for more than the grades they get in their major field of study. Perhaps this is difficult for Japanese or Western students to understand. However, it means that university students have a lot of knowledge about politics and theory, and therefore are good at discussion, debate, analysis and critical thinking. So it seems that hard study teaches us a lot of things that are useful in our lives.

How about the students themselves? Well, I noticed a great deal of energy, a high level of ability, and excellent study skills with lots of concentration. They were able to talk in English in great detail and very naturally. Of course, this is something they share with the best students in Japan. I have already spoken with many of you, our new students, and you have impressed me with your incredible motivation and desire to learn new things. Like many (not all!) of you, the Vietnamese students had never gone overseas. They had made the most of their opportunities in life, and wanted to achieve great things. Oh, and as for fashion, how do they dress? I suppose you’re interested in that:

They wear light clothes as it is so hot there, and try to keep out of the sun. The female students told me they wanted white skin, not a sun tan! It sounds familiar to me as I have heard the same thing from my students in Japan. If you notice them in class, you can see that they do not dress up for school, but just wear a T-shirt of polo shirt to keep cool:

So there you have it. Despite the differences in surroundings, it made me think that the best qualities of students in Vietnam and Japan are really similar. The students there who impressed me were the ones who applied themselves, made an effort, and studied with a view to achieving their dreams. They did not spend their time wastefully, but instead studied hard inside and outside class to improve their minds. It sounds like a great challenge, but I think we can all learn from great students anywhere in the world. I’m sure I learnt a lot from them last week.

一ヶ月ぶりです,新井康平@会計学担当です。

神戸市内の自宅からCUBEへ自転車で走ってみました。ちなみに,CUBEは自転車通学は禁止ではないですが,すぐとなりの有料駐輪場を利用する必要があります。
自転車で駆け抜ける国道2号線,沿線のラーメン屋さんの多さに驚きます。本当に多いんですよね。これから,CUBEからの帰り道はラーメン屋に寄ろうかと大きな夢が広がります。
で,本日。2月26日快晴。CUBEの帰り道ラーメン屋さん総まくり計画の記念すべき第一回です。今日は第一回ということで道すがら,最初にエンカウントしたラーメン屋さんに入ろうと心に決め,CUBEでの業務を終え,帰路についたのであります。
CUBEを出てものの数分。バーミヤン(中華料理系のファミレスです)にエンカウント。え?,よりにもよってバーミヤンか?などと感じつつ,自分に嘘はつくまいと入店して,ラーメンを食べてきました。次こそは,宮っ子ラーメンにいってやると誓いつつ。

と,ここまで書いただけでは,ただのラーメン日記です。ただ,CUBEの経営学教育の特徴は,現実と理論とのいったりきたり。せっかくなので,今日の私の体験を経営学的に考えてみましょう。考えるべき問は,

「なぜ,ラーメンを売っているお店なのに,「バーミヤン」は何か違うのか」

です。

非常に難しい問いです。この問に答えるだけで論文かけるかもしれません。なぜ,ラーメンを売っていればラーメン屋と言い切れないのでしょうか。バーミヤンは,ラーメン以外にもから揚げやホイコーローなんかも売っているから?それもそうでしょうが,最も重要なポイントは,我々が一般に想定するラーメン屋さんとバーミヤンは「ドメイン」が異なるからでしょう。

「ドメイン」。経営学用語です。これは,企業が自分たちを規定する領域を指します。おそらく,一般的なラーメン屋さんとは違って,バーミヤンは自分たちを「おいしいラーメンを提供する店」とは規定していないでしょう。そうではなく,「家族連れで食事が出来る」とか「くつろげる」とか「長時間いることができる」とか,そういった部分こそがバーミヤンをバーミヤンたらしめていると言えるのではないでしょうか。

このように,ドメインという眼鏡をかけると,いろんなお店のいろいろな側面が見えてきます。早く安価に料理を提供するマクドナルドのライバルは,モスバーガーといよりは吉野家かもしれませんし,暇な時間を有意義に使うことに利用されるTSUTAYAのライバルは映画館というよりは漫画喫茶かもしれません。

この辺,2年生以降の経営戦略に関連した講義で(私が担当するんではないんですが)やりますんで,楽しみにしていてください。もし,もっと勉強したい,という奇特な方には,新書で榊原清則『企業ドメインの戦略論―構想の大きな会社とは 』中央公論社が参考になるでしょう。

CUBEの経営学教育では,現実と理論をいったりきたりです。身近な事例から,物事の本質を深く考える,そんな風にみなさんが育っていくのを願っております。

2月の一般入試も終わりました。合格通知を受け取り、新しくCUBEの一員になった皆さん、本当におめでとう。

さて、これまで数多くの人から「マネジメント創造学部って何を勉強する学部なのですか?」という質問を受けました。今日はもう一度私なりの回答を書きたいと思います。

まず結論から言うと「問題解決力を学ぶ」ということです。

普通でしたら、「経済を学ぶ」や「法律を学ぶ」です。CUBEは違います。人は「XX学」という既存の学問の枠組みにどうしても入れたがりますが、CUBEは枠組みを入れ範囲を狭くすることを選びませんでした。なぜ違うのか。

世の中の事柄は全て、複雑な要素が絡み合って発生しています。金融危機、環境問題、政治、紛争、どれも一つの知識だけでは解決できないことは、皆さん、よく理解していると思います。

つまり、ある特定の知識を積み重ねるだけでは解決しえない問題が多数存在します。

では何が必要かと言うと、「問題を解決するための独自の知識や思考法」です。

例えると、世の中の事象というのは、人間の体に置き換えることができます。人間の体は、さまざまな器官や神経が複雑に組み合わされている。ただ熱が出るということも、ウィルスや炎症などいくつもの原因があります。この診断の際に、内科や外科など個別の診断が必要です。

社会の問題解決も病気の治療と同じではないでしょうか。そこには、経済の知識も必要でしょう、経営やITの知識も必要不可欠です。社会を治療する、このようなことを、コロンビア大のジェフリー・サックス教授は「臨床経済学」と言っています。

現代は、複雑でかつ急速に進展しています。学生時代に学んだ知識が、社会に出る頃にはすでに陳腐化していることもあります。また、これまでの正解が通用しなくなってきています。

したがって、これから皆さんに求められているのは、ある時点でのピンポイント的な知識ではなく、生涯にわたって必要な力、具体的には、「問題解決のための総合的な思考・論理的構成力」です。

これがCUBEの学びの姿です。

Today is my last day in the office before heading off to the Philippines for my first Teachers Helping Teachers activities in 2009. I am preparing four presentations for our conference/seminar in San Jose del Monte (just outside Manila) and a workshop on the Island of Mindoro. We will also visit the village of Banilad and meet with elementary-school students there, so I need to prepare some mini lessons and activities. Here is a list of presentation titles and short summaries.

Aligning our learning objectives, instructional strategies and assessment
In this presentation, I will discuss how to write good learning objectives, and then how to select instructional strategies and types of assessment that fit best with those objectives. Many times, how teachers teach and assess their students is not in line with what they hope students will be able to do with the knowledge and skills they gain.

A bag full of tricks
I will share some of my favorite activities and ideas for keeping students active, engaged and motivated. Some examples are shadow talking, find my mistake, dictogloss and line-up dialogues.

Looking for Lev in all the wrong places (plenary speech)

This presentation will be a brief introduction to the work of educational psychologist Lev Vygotsky, but will focus more on how some ideas from other fields can help both teachers and students prepare themselves for the new challenges of modern times.

Strategies for Teaching Speech Communication

In this workshop, I will introduce the topic of public speaking as well as several activities aimed at developing overall public speaking proficiency and specific public speaking skills.

I am also excited about this trip because I will get to meet the student my wife and I are sponsoring in Banilad. His name is Benjamin and he is eleven years old. I promise to upload some new pictures to my website when I return.

See you all soon,
Brent

San Lorenzo students in Calapan, Mindoro

こんにちは。スタッフの天野です。

このCUBEダイアリーには久しぶりの書き込み。いやいや、さぼっていたわけではないんですよ。

さて、昨日から一般入試の合否発表が始まっています。
今日あたり、受験生の皆さんのお手元に届くころでしょうか。

CUBEには、「入学手続き前に校舎を見に行けますか?」とか、「迷った時に質問しに行けますか?」と
いったような問い合わせが、少しずつ届いています。 それはそうですよね。大学の入学といえば、
大きな人生の決断のうちの一つでしょうから、慎重に考えて入学する大学・学部を選択することが
大切です。

そんなご要望にお応えし、CUBEでは入学手続きのこの時期に合わせて、受験生の方々を対象とした
見学会を開催することになりました。 CUBEの校舎、すごいですよ!!! ぜひ見に来て頂いて、
大学・学部選択に役立ててください。

新築の校舎なので、とてもキレイで新しいのは当たり前。
CUBEの校舎がすごいのは、先生たちの「こんな教育をしたい!」という熱い思いをもとにして設計
されていること。 設計士さんたちと何度も何度も議論して、これまでには見たこともないような、
素晴らしい学びの場所が出来上がっています。

以前のダイアリーにも書きましたが、僕も高校生に戻れるなら、絶対CUBEに入学したいと
思うんですよね。(でも受からないかも・・)

まだ一度もCUBEに来られたたことがない方はもちろん、12/23のオープンキャンパスに
来られた方も、ぜひどうぞ!  
もちろん、校舎の見学だけでなく、皆さんの様々な質問にもお答えいたします。

詳細はこちら → http://www.adm.konan-u.ac.jp/newc/cube/

お待ちしていますよ!!

スタッフ天野でした。

?

?

 

3階パソコン教室

3階パソコン教室

6階英語ゾーン

6階英語ゾーン

?

?
5階アトリウムから9階まで(吹き抜け)

5階アトリウムから9階まで(吹抜)

?

(写真撮影:輿水進)

2009年 2月 13日

CUBEいろいろ(倉本)

みなさんこんにちは、倉本です。

上の写真がどこから撮ったものか分かりますか?

答えは、「CUBEの9階」です。

ここからの眺めでは、人も車もたくさん移動している様子が見られます。

駅から近いということで、阪急電鉄の電車が走っている様子を見ることができるとは想像しやすいのですが、時には飛行機や新幹線も見ることが出来ます。

人や物の移動をスムーズにさせるこれらの乗り物はこれまでの経済を発展させる重要な要因でした。

しかし、ただ単に運べばいいという考え方ではなく、最近は「環境」というキーワードで移動を考えることが重要になってきました。

皆さんも、「環境にやさしい」という言葉を聞いたことがあると思います。

では、実際に「環境にやさしい」とはどういう意味でしょうか?

経済学的に考えることも出来ますし、他の学問でも色々な人が色々な立場から研究を進めています。

CUBEでは、私が担当する経済学から見た「環境」以外にも、様々な研究分野の先生がいます。

これだけ多くの分野の先生がいる学校も珍しいです。

是非、一度皆さんと実際に会って話をしてみてください。

(CUBEでは、先生の部屋が皆さんの部屋と凄く近い場所にありますし、食堂や登下校中に話しかけてくれると嬉しいです。)

2009年 2月 6日

楽しい学び (藤井)

こんにちは。ひさびさ登場、CUBEスタッフの藤井です。 受験生のみなさんは一般入試の真っ只中ですね。大変な時期ですが、体調を崩さず、そして自分の夢、目標へ近づくため一歩一歩、頑張ってください※o(≧∀≦)/※

さて本日のテーマは「CUBEの学び」についてです。 

CUBEを最近知ったひと、初めてこのサイトを訪問してくれたひとは、きっとまだ佐藤先生の「学ぶことの楽しさ」については直接聞いたことがないですよね(*∩∀∩) 先生は、「学ぶ楽しさや喜びを知っていますか?勉強は退屈なものだと感じているのなら、それは学び方に問題があるかもしれない。知らないことについて学び、思考することは、本来ワクワクするような刺激的な体験です。」とよくおっしゃっています。 学ぶ楽しさ・・・みなさんには想像がつきますか? なかなか分からないですよね(>ρ<)ξ
例えば!国会で取り上げられている定額給付金について議論しましょう、サブプライムローンについて各自意見を出してください・・・・・・・みなさんどうですか?「シーン」と黙り込んでしまいません!? お恥ずかしながら;わたしも黙り込んでしまうし、この分からないコトについてなかなか調べてみよう♪となりません(u_u。)

もっと身のまわりのことから、さまざまな問題を掘り下げて、学びを深めていくのがCUBEでの学びの特徴のひとつです。

以前パンフレットの中で、ご紹介したことがあるのですが、みなさんが新しいカフェを立ち上げることになったら、まず何から考えますか?? お店の名前?お店の制服?メニューの値段?出店する場所? ちょっと考えてみてください☆

  

カフェで提供するコーヒーやケーキの値段から考える!

どんな場所にどんな雰囲気のお店をひらくか考える!

提供するメニューやお店の名前、スタッフの制服から考える!

出店のためのお金をどう集めるか考える!

4つの中から自分の考えに近いものはありましたか?

では、それぞれの中身を見ていきましょう♪

カフェで提供するコーヒーやケーキの値段から考えたひと!

商品の値段を考えることは、実は「経済学」と関係があるんです。経済学では、お店が商品を売る際の値段は、他の同じ品質の商品の値段を見て決めると考えます。その際、注意しないといけないのは、同じ品質のものなら安いと他店よりも多く売れるし、高いと売れないということです。つまり、商品の値段はお店の都合だけでは決まらず、買ってくれる人の事も意識しないといけないということですね。売り手と買い手、この2人が経済学では重要な登場人物になるのです。売り手=供給者(生産者)、買い手=需要者(消費者)がいて初めて経済におけるモノの価格と取引量が成立するんです。

どんな場所にどんな雰囲気のお店をひらくか考えたひと!

 立地を考えることは、実は「まちづくり論」や「都市計画」と関係があるんです。お店を開くには立地は重要な要素です。どれだけのお客さんに来てもらえるかという問題もありますが、他のお店などと協力しながら、お店を超えて周囲の街をどう作っていくかということも重要な視点です。お店はそれぞれ孤立して存在しているのではなく、街の雰囲気やイメージの中に位置づけられて存在しています。新しくカフェを立ち上げるということの先には、そのカフェを含む街なみのあり方もかかわってくるんですね。

 ちなみに!立地を考える上で重要な競合店の調査。検索サイト「Googleマップ」で「住所 カフェ」というキーワードを検索し、地図上にカフェが表示され、さらに「1km以内に何軒あるか」などの絞り込みもしてみる。この考え方は、実は情報学なんです。

提供するメニューやお店の名前、スタッフの制服から考えたひと!

 お店の名前、他の店に負けない、自分の自信のある料理、飲料(コーヒー、アルコール)、デザート、そして価格、これらを考えることは、実は「マーケティング」と関係があるんです。店のこと、お客のこと、アピールの仕方、うまく行かなくなった時の対策、店を多店舗化すること、これらビジネスに関係する全ては、マーケティングを勉強することから始まります。その基本はQSCVです。

  Q Qualityです。特に料理、飲み物の質です。美味しくて、安心。どれだけ提供する価格の中で、質を高められるかが大切です。

  S Serviceです。従業員のテキパキとした、明るく、フレンドリーな対応が求められます。キチンとしたトレーニングも必要ですよ。

  C Cleanliness即ち店の清潔さです。明るく清潔な店は食べ物屋の条件です。

  V バリューです。安ければ価値はあります。でも安さは常に競争させられます。他の店が値引きすると値引きで対抗しますか。利益が犠牲になりますよ。

    価値は、値段以外でつくる方が、健全な経営が出来ます。

出店のためのお金をどう集めるか考えたひと!

 お金を集める手段を「資金調達」と呼ぶのですが、これは「ファイナンス」という学問と関係があるんです。カフェをつくるための資金調達の手段として、みなさんはどのような方法を思いつきますか?自分でお金を貯めるとか、親戚から借りるといった方法がまずは思い浮かぶかもしれません。しかし現実には、よっぽどお金持ちの親戚がいたり宝くじにでもあたらない限り、このような方法でカフェをオープンさせるのはかなり困難ですそこで、銀行や公的金融機関などから資金を「借りる」必要が出てきます。この場合、利子をプラスした額を返す必要が出てきます。そうすると、利子以上に利益を出さないとカフェが倒産してしまうので、資金計画をちゃんと建ててからお金を借りる必要があります。むしろ、ちゃんとした資金計画がないと金融機関はお金を貸してはくれないのです。資金調達を考えるだけでも、世の中にはたくさんの方法、そしてお金の流れがあることがわかります。

学びたいことがまだ決まっていない、またこれから進路を考える1年生、2年生のみなさんには、ちょっとだけ経済学や経営学で学ぶことやその中身が見えましたか? こんな風にCUBEでは、授業の中身も、学生が気づくこと、興味を持つこと、必要性を感じることからスタートし、目的意識をもって専門知識やスキルをしっかり学んでいくスタイルなんですよ゚+.(・∀・)゚+.゚+.゚
CUBE DIARY