ページ内を移動するためのリンクです。

CUBE DIARY CUBE ダイアリー

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

マネジメント創造学部 > CUBEダイアリー > 2011 > 3月

CUBE事務室の大村です。こんにちは。

3月22日(火)、佐藤学部長が宝塚高校で講演会を行いました。テーマは「学ぶことの楽しさ・喜びを求めて」。

当日は体育館に宝塚高校の1、2年生約400名余りが集まり、

1時間20分にわたって、佐藤学部長の講演を熱心に聞いてくれました。

帰り際に、気持ちよく挨拶してくれる学生が何人もおり、よい雰囲気で講演できたことに感謝しています。

もうすぐ4月ですが、新入生(3期生)が入学してきますので今まで以上にCUBEが賑やかになると思います。

CUBEの学生の様子を随時紹介していこうと思いますので、4月以降もチェックしてくださいね。

よろしくお願いします☆

3月25日(金)に西宮北口駅の北西側の「にしきた公園」で開催された
「にしきたさくら(桜)まつり」に学生3名が参加しました。


お茶とお菓子がふるまわれ、東北・関東大地震・大津波の被災地・被災者を支援する募金が行われました。
また、手作りの大きな布地に一人一人が桜を縫い付け「しだれざくら(桜)」を作りました。
この桜は被災地・被災者に届けられる予定です。

2011年 3月 25日

甲南女子高校のCUBE訪問

CUBE事務室の大村です。

3月19日(土)、甲南女子高校の生徒・教員・保護者のみなさま約50名が、学部長による学部説明とCUBE生によるキャンパスツアーに参加されました。

キャンパスツアーを案内するCUBE生は、できる限りその高校の卒業生にお願いしています。
この日も甲南女子高校の卒業生にキャンパスツアーを担当してもらいました。

CUBE見学・学部説明会・体験授業などは日程調整の上で随時行っておりますので、ご希望であればCUBE事務室までご連絡ください。

また個人での見学も随時受け付けております。

皆さまからのご連絡をお待ちしております。

CUBE事務室 : 0798-63-5741

こんにちは。マネジメント創造学部2回生の宮西慶寿です。

今回、プロジェクトで作成した論文と千葉商科大学での論文発会について書かせて頂くこととなりました。よろしくお願い致します。

2月8日、私たち倉本プロジェクトメンバーは千葉商科大学に行ってきました。そこで千葉商科大学ビジネス創造学部で公共政策について学んでいるゼミの学生の皆さんと我々のプロジェクトメンバーとがそれぞれ作成した論文の発表会を行いました。

論文を作成することとなった理由は、5ヶ月前までさかのぼります。

プロジェクトが開講された初日、「このプロジェクトの最終成果物は論文の作成だから」という倉本先生の話しからすべては始まりました。(ちなみに、学術論文作成は事前にシラバスでも公表されていました)

倉本先生のプロジェクトの主たるテーマは‘地域活性化へのまちづくり政策’でした。そのため、これに則った論文を作成することとなりました。

我々は最初、論文に用いるデータの収集、そして統計学の勉強をしました。

また、我々のプロジェクトで作成する論文は‘統計学’を用いて分析を行うことが必須でした。その基盤をつくるべく、まず統計学の講義が行われることとなりました。

そして、統計学の知識を身につけるとともに、先行研究をまとめる中で、分析に必要なデータを考え、データの収集を行いました。そして、分析を行いつつ論文を執筆し始めました。

しかし、論文の提出期限まではほとんど時間がなく、しかも期限が迫っているにも関わらず、論文を書くにあたって思わぬ壁に幾度となくぶつかりました。

正直、「無理だ」と思ったのは一度や二度ではありませんでした。しかし頼りになるプロジェクトメンバー、そして倉本先生と一緒にCUBEにいられる時間まで残り、議論を繰り返しながらひたすらデータを用いた分析と論文の執筆に取り組みました。

私もこの期間中は毎日、終電帰りでした。

そして、プロジェクトメンバー全員が一丸となって論文を作ったために、何とか提出期限に間に合わせることができました。

その1ヶ月後、私たちは千葉商科大学にいました。全員が一致団結して作った論文は、はたしてどのような印象を受けるのか…

…結果は、成功だったと思います。千葉商科大学の学生の皆さんや先生から質疑応答がありましたが、無事に答えられ、乗り切ることができました。その質問から学ぶこともあり、とても勉強になりました。

今回の論文は突貫で作成したため、不備があったと思います。そのため今回の経験を踏まえ、次は計画を緻密に立てたうえで、論文を作成していこうと思っています。

今回のプロジェクトを通じ、かけがえのない経験を得ることができました。それは論文の作成はもちろん、その論文の発表、そしてプロジェクトメンバーと先生によるグループワークです。こんな貴重な体験ができるのがCUBEの醍醐味だと改めて認識できました。

宮 西 慶 寿<雲雀丘学園高校出身>

こんにちは。CUBE事務室の大村です。

3月19日(土)に開催する合格者対象のCUBE OPEN DAYについてご案内します。

当日のスケジュールは12:30から16:00です。

詳しくはこちらをご覧ください。→0319スケジュール

佐藤学部長のお話についてですが、一般入試の合格者しか参加することができない訳ではありません。その時間帯を年内入試の合格者は自由行動としていますが、もちろん学部長のお話に参加していただいてもかまいません。

今回のOPEN DAYが入学までの期間を有意義に過ごしてもらうため、また、合格者同士や教職員とのコミュニケーションの場になればと考えています。ぜひご参加ください!!!

ちなみに、今回のOPEN DAYが入学までの最後のOPEN DAYになります。

CUBEの先輩にも来てもらいますので、わからないことがあれば何でも気軽に質問してみてくださいね☆

皆さんのお越しをお待ちしております。

CUBE DIARY