ページ内を移動するためのリンクです。

CUBE DIARY CUBE ダイアリー

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

マネジメント創造学部 > CUBEダイアリー > 2011 > 7月

7月19日にCUBEの講義に甲南大学OBである株式会社プライムムーバー小嶋秀卓さんがCUBEにゲストスピーカーとしてお越しくださいました。当日は、卒業後の進路について考え始めている3年生に対して、社会人として、卒業生としてお話をくださいました。当日の感想も含めて、次のとおりコメントをいただいています。

「学生の皆さんがイキイキしていていい笑顔だな。」これが、僕が抱いた皆さんへの第一印象です。すれ違いざまのさわやかな挨拶にもとても好感が持てました。僕が在学していた頃は、講義が終わってから「質問がある生徒のみ残って質問する」というスタイルが主流でしたが、CUBEの皆さんは講義中にどんどん質問してくる。その学ぶことに対する意識の高さに驚かされ、今回の講義を通して、僕も大きな刺激をもらいました。そこにいる全員が積極的に参加していくこのインタラクティブな講義スタイルは、今までの甲南大学にはない新しいスタイルだと思います。講義では、会社が皆さんに対してお金を払う価値があると判断されるような対価をとれる人間になってほしい、ということをお伝えしましたが、今後もCUBEで学んだことを生かし、皆さんが世界で活躍されることを期待しています。(1997年卒業株式会社プライムムーバー 小嶋秀卓)

7月19日にCUBEの講義に甲南大学OBである大日本印刷株式会社大西弘純さんがCUBEにゲストスピーカーとしてお越しくださいました。当日は、卒業後の進路について考え始めている3年生に対して、社会人として、卒業生としてお話をくださいました。当日の感想も含めて、次のとおりコメントをいただいています。

一期生の皆さんがいよいよ就職活動を開始するに際し、佐伯教授・CUBE西宮スタッフとネットワークキャンパス東京事務所・東京甲南会が連携し、在京OB・OGが授業に参加、ビジネス社会の現状や求められる人材、能力、専門性さらには人間性等について紹介することになりました。第一回は、東西で勤務経験のある小嶋秀卓さん(1998年経営卒 ?プライムムーバー代表取締役)と私が参加いたしました。関西のみならず、東京や名古屋、アジアを中心とした海外に勤務地がシフトしていること、大学キャリアセンターの積極的な活用や首都圏での就職活動には、在京甲南生OB・OGに気軽に相談してほしいことを提案いたしました。また来春の採用計画・就職内定率や終身雇用希望率等を紹介しながら、目的を持った情報・資料収集を行い、「考え抜き、自分で決める」ことを実践してほしいとお話しました。CUBE西宮の雰囲気は、ビジネススクールのようなアカデミックさとアットホームさのバランスが心地よく、教授陣・スタッフの皆様と学生の皆さんが高い志を持って構築されたという印象を受けました。就職活動は、「運・縁・タイミング」も大きく作用します。今回のご縁を大切に引き続き皆さんの学生生活の支援をできればと思います。(1991年経済卒大日本印刷株式会社勤務 大西弘純)

こんにちは、CUBE事務室スタッフの杉森です。

CUBEのオープンキャンパスのスケジュールが決まり、ホームページで掲載を始めました!

http://www.konan-cube.com/event/

8月6日(土)・7日(日)のオープンキャンパスでは、一日中CUBEで様々なプログラムに参加いただくことができ、そこで教員・学生がいろいろなお話をさせていただきます。また、学生によるキャンパスツアーや個別相談も毎年人気のプログラムです。

9月10日(土)は特別留学コース、11日(日)はマネジメントコースの体験レッスンを行います。ご興味のある方は事務室メールアドレスにお問合せください。

cube@adm.konan-u.ac.jp

10月29日(土)は午後からのプログラムとなっていますが、12:00―15:00までカフェテリアも開放していますので、ぜひキャンパスへ足をお運びください。

CUBE・マネジメント創造学部の魅力は、実際に触れていただいて初めて伝わるものがたくさんあります!他とは一味、二味違った魅力を、是非ともキャンパスに足を運んでいただき、感じていただければと思います。教職員、学生でお待ちしています!

CUBE DIARY