ページ内を移動するためのリンクです。

CUBE DIARY CUBE ダイアリー

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

マネジメント創造学部 > CUBEダイアリー > 2012 > 7月

西宮キャンパス事務室特別留学コース担当の杉森です。

7月22日(日)に特別留学コース1年生から4年生までの交流会が行われました。

特別留学コースは大学生活に留学が含まれるため、実はすべての学年が揃うのは7月から8月の約2ヶ月程度しかありません。

今年でCUBEも4年目で、特別留学コースも4学年が揃いました。

ただし、各学年35名の少人数制を取っているため、学生間、教職員・学生間のつながりはとても強いのです。

今回の企画は学生が主体的に行ってくれました。

これからもCUBEの特別留学コースは「世界に通用する人材」の育成を目指し、教職員、学生が共に切磋琢磨をしていきます。

今後もこういった機会を重ね、互いに意識や能力を高めていきます。

なお、9月1日には高校生を対象にした体験講義、交流会を行いますので、ご興味があればお申込みください。

(全体写真)

(幹事写真)

こんにちは。マネジメントコース4年生の松下竜士です。

今回は、甲南学園に小さい頃からの夢を叶えてもらった話をさせていただきたいと思います。

私は、ずっと教師になりたい!という夢を持っていました。しかし、CUBEのカリキュラムには教育課程はありません。岡本キャンパスに行けば教育課程を履修することができましたが、学生生活にそれほど余裕がなく、憧れのままでした。

就職活動を無事に終え、完全に教師への道が無くなった時、少し寂しい気持ちになっていました。そんなとき、母校である私立甲南中学校で補習授業のチューター募集を目にしました。小学校からの夢が叶う!!私は、すぐ事務室にかけ合い、中・高時代の恩師にも連絡をとりました。原則として教育課程を履修している学生のみを募集していたのですが、特別に採用していただくことができました。

スーツをビシッと着て、我が母校の甲南高等学校・中学校に出陣。昔、教えてくださっていた先生方から「松下先生、今日からどうぞよろしくお願いいたします。」と言われた時「自分にしか出来ない勉強の教え方をしよう!」と決意しました。

恥ずかしながら、私も中学時代は補習の常連で、特に数学が全くできませんでした。(今回のチューター前はこっそり勉強しました。)ですから、補習に来ている生徒たちの気持ちがよくわかりました。「部活に行けない・勉強おもしろくない・眠たい」これらのネガティブな気持ちをコントロールしていくことを目標に掲げ取り組みました。

先生方のおもしろい話や大学の話などして、生徒たちの気持ちをほぐし、スムーズに勉強に入れる様努力しました。もちろん中学生は本人でも抑えきれないくらいのパワーを持っているので、制御がきかなくなることもありましたが、とても愛嬌がありかわいらしく思えました。

チューターをさせていただいた中で、一番苦労した事は生徒への伝え方です。

例えば、―5―(―5)=0はなぜ成り立つのか。

我々は、何百回もこの手の問題を解いてきているので、この様に成り立つことは当たり前だと感じます。しかし、中学生になって初めて目にする生徒たちはマイナスとはそもそも何なのか?というところから始まります。そして、マイナスとは何かを理解しても、―5から―5を引いたらなぜ―10にならないの?という考えになります。私は頭で理解しても、改めて質問されるとなるほどと考えてしまいました。そこで、卒業研究プロジェクトを担当いただいている会計学の新井先生とプロジェクトメンバーと共に理論ではなく、中学生に理解しやすい説明方法を模索しました。

結論として

5―3=2 → (+5)―(+3)=+2

と書きかえることができ、+5から+3を取り上げ+2が残った、という様に解釈できると気付きました。そこで、先ほどの問題に置き換えると

(―5)―(―5)=0

という問題は、―5から―5を取り上げると解釈出来ます。2つに共通する考え方は「マイナスという符号は、ある数からある数を取り上げろ」という意味を持つ符号であるという事です。これで生徒も理解してくれるのではないかとまとまり、次の日の補修で実践しました。すると、「わかった!」と言ってくれる生徒が前回の補習よりも格段に増え、この上ない喜びを感じることができました。

 最後の補習の日、「松下先生にはもう会いたくないから、テストで点とってくるわ!短い間ありがとう!」と、ある生徒に言われました。生意気ですがかわいらしく、嬉しい気持ちになりました。1カ月という短い期間ではありましたが、とても充実した毎日を過ごすことができ、本当に幸せでした!

様々な形で夢を叶えるサポートをしてくれる、やはりそれが甲南の1番の魅力です。

最後に、夢を叶える舞台を作っていただいた甲南高等学校・中学校教務部 中原先生、和田先生、事務室 山田様、そして指導方法の相談に乗っていただいたCUBE 新井先生にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

マネジメント創造学部4年 松下竜士 (甲南高校出身)

マネジメント創造学部では高校生を対象に毎年体験講義を実施しています。

今年度は添付ファイルのとおり9月1日(土)に行います。

参加希望の高校生は次の内容を西宮キャンパス事務室までメールもしくは電話でご連絡ください。

各コースに定員を設けておりますので、先着順の受付となります。

CUBEへの志望が高い方もこれから進路を考えようという方も積極的にご参加ください。

当日はCUBE在校生との交流会もあります。

1 氏名

2 高校名・学年

3 希望のコース(特別留学コースもしくはマネジメントコース)

4 連絡先(電話番号・メールアドレス)

質問等がありましたら、お気軽に西宮キャンパス事務室までご連絡ください。

0798-63-5741

cube@adm.konan-u.ac.jp

【トライアルレッスンチラシファイル】

240_Triallesson_

こんにちは。CUBEスタッフ 谷口幸代です。

3年生の就職活動準備がスタートし、6月を振り返ってレポートします!

1.OB・OG講演会

  大日本印刷株式会社 大西 弘純氏にお越しいただき、「就職活動の質的変化、甲南生の対応を考える」というタイトルで講演をしていただきました。

 学生と双方向で意見交換ができる内容だったので、参加した2年から4年生達が考えていること、実際に行動していることをアウトプットでき、非常に有意義な時間を共有できました。

 

2.CUBE生のためのキャリア支援講座

就職活動の準備段階からCUBE生を支援していくことを目標にしている講座。

株式会社ディスコの武田佳久氏を講師に6回実施します。

第1回(5/26)は、「自己分析・就職活動の総括」

  講座卒業生の内定者にも参加してもらい、就職活動の体験と反省を話してもらう。学生達は、今までの学生生活を振り返り、自分ってどんな人間かを1分間でアウトプットした!

第2回(6/16)は、『業界・企業研究』

  業界研究ってどのようにするかを自分達で実際に企業調べをする。企業を3方向

から分析し、全員がプレゼンテーションをした! 内定者にもプレゼンテーションを評価してもらい1位グループを決定した。

 

3.日経新聞読み方講座

   日本経済新聞社 斉藤一郎氏にお越しいただき、日経新聞を実際に読みながらどのように企業研究するかを話して頂いた。

   たくさんある情報の中から毎朝3分程度で記事を確認できます!

  

CUBE DIARY