ページ内を移動するためのリンクです。

CUBE DIARY CUBE ダイアリー

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

マネジメント創造学部 > CUBEダイアリー > 2015 > 7月

サンデー毎日2015年学部系統別実就職率ランキングにおいて、
マネジメント創造学部が「全国2位」「近畿圏1位」にランキングされました。

現在発売されているサンデー毎日2015年8月9日号「2015年学部系統別 実就職ランキング」 商・経営系学部ランキングにおいて、
マネジメント創造学部が全国2位・近畿圏1位にランキングされました。
昨年の全国7位から大きく順位を伸ばしています。
学部創設から7年が経過し、先輩たちの努力の結果が、社会からの評価に結び付きはじめました。

CUBEの就職状況については、こちらをご覧ください。
http://www.konan-cube.com/career/

就職率全国2位

卒業生紹介コーナー「社会で活躍する卒業生たち」を更新しました。

CUBE1期生 山下遥さんの記事を追加しました。
http://www.konan-cube.com/career/graduate/interview_02.html

自ら学び、自ら考え行動した、CUBEでの4年間。
そのなかで見つけた自分の進むべき道を、先輩たちはどのように歩み、どう感じているのか。

「社会で活躍する卒業生たち」では、CUBE卒業生の日々の取り組みやCUBEでの4年間を振り返っていただきます。
現役学生や高校生の皆さんは、様々な環境で活躍する卒業生たちの様子をご覧いただき、
将来の自分自身の姿に重ね合わせて頂ければ幸いです。

きっと憧れの先輩が見つかるはずです!

甲南大学マネジメント創造学部(愛称:CUBE)では、受験生とその保護者の皆さんを対象に
オープンキャンパスを開催いたします。CUBEのオープンキャンパスは、高校3年生だけではなく、高校1年生2年生の方にもご参加いただけます。皆さまお誘い合わせのうえ、ご参加ください。

■オープンキャンパス  -はじまりは、CUBEから-
日時:2015年8月2日(日)10時-16時

場所:甲南大学西宮キャンパス
内容:学部説明会、AO入試・公募制入試説明会、体験授業、キャンパスツアー、個別相談
最新の大学案内や各種入試の願書、入試ガイド等も配付します。
備考:事前申込不要・途中入退場自由。カフェテリアは11時-14時まで営業しています。

※8月2日詳細スケジュールはこちらをご覧ください※

申込み/お問い合わせ先
TEL:0798-63-5741 FAX:0798-63-5749
MAIL:cube@adm.konan-u.ac.jp

オープンキャンパス1 オープンキャンパス2 オープンキャンパス3 CUBE

いよいよ今週末にオープンキャンパスを開催します。

CUBEの学びを深く知る「学部説明会」や、AO入試・CUBE公募制推薦入試対策に最適な
「AO入試・公募制推薦入試説明会/体験談」、CUBE STYLEの授業を体験できる「体験授業」など、
魅力的なプログラムを盛りだくさんにご用意いたしました。皆さまのご来場をお待ちしております!

■オープンキャンパス  -はじまりは、CUBEから-
日時:2015年7月19日(日)10時-16時(9時30分受付開始)
場所:甲南大学西宮キャンパス
内容:学部説明会、AO入試・公募制入試説明会、体験授業、キャンパスツアー、個別相談
最新の大学案内や各種入試の願書、入試ガイド等も配付します。
備考:事前申込不要・途中入退場自由。
高校3年生だけではなく、高校1年生2年生の方にもご参加いただけます。

カフェテリアは11時-14時まで営業しています。

※プログラムの詳細はこちらをご覧ください※

お問い合わせ先
TEL:0798-63-5741
MAIL:cube@adm.konan-u.ac.jp

CUBE オープンキャンパス

「大学では、英語をしっかり勉強したい!」「英語系の学部に進学したい!」

オープンキャンパスや進路相談会で高校生の皆さんと話をしていると、そんな希望をよく聞きます。
グローバル化が進むなかで、英語の力を身につけることはとても大切。
社会に出たときのことも考えて、その重要性を皆さんも感じておられるようです。

しかし、学部選びをする前に、ひとつ重要なことがあります。
英語を学ぶことで、あなたは将来どんな自分になりたいのかを考えたことはあるでしょうか?

もちろん、TOEICの点数を上げるためや英検の資格を取るためではありませんよね?
例えば、「世界中の国々を相手にビジネスをしたい」とか「海外留学で、自分とはまったく価値観の違う人たちと切磋琢磨しながら学びたい」、「海外旅行で見たこともない絶景に触れたい」など。

英語という道具を操ることで、自分の将来の夢を叶えたい。きっとそのための英語の勉強なのだと思います。
英語系、国際系の学部を選ぶときに、自分が実現したい夢や思いに最も近い学び方はどこでできるのか?
その視点を大切にするべきです。

英語・国際系の学部を選ぶとき、考えておくべき5つのポイント

今日は英語・国際系の学部を選ぶ際に、ここだけはチェックしてほしい!という5つのポイントをご紹介します。
オープンキャンパスでは、この5つのポイントをしっかり確認して、学部選びをしてください。

【英語・国際系の学部を選ぶときに、大切な5つのポイント】
1:英語クラスの授業回数は週に何回あるか?
2:1クラスあたりの学生数をチェック!先生と親しくなれる少人数クラスを選ぼう
3:英語は、ネイティブの先生から教わる?それとも、日本人の先生から教わる?
4:国際人への近道は、「英語力」より更に大切な「英語コミュニケーション力」を磨くこと
5:自然と英語が聞こえてくる環境を探そう。授業以外でも英語に触れる機会はあるか?

 

1:英語クラスの授業回数は、週に何回あるか?

まず、英語クラスが週何回行われているのかを調べることからスタートしましょう。
英語を習得するためには、毎日のように英語に触れて、英語に慣れることが大切。
毎日、英語の授業を履修できる学部を選ぶことが、英語をマスターするための近道です。
大学には第2外国語という制度があり、英語の他に、フランス語・ドイツ語・中国語・韓国語といった
中から好きな語学をもう一つ選択するのが一般的。
そのような大学では、英語クラスが週2回、第2外国語が週2回の合計週4回というケースが多く、
英語そのものに触れる機会が少ない場合もあります。

また、英語を重視している学部では、英語クラスの回数が週5回や10回という学部もあるので、
英語を集中的に学びたいか、英語と第2外国語をバランスよく学びたいか、
自分に向いているのはどちらかを考えてみましょう。
英語クラスの頻度を知るには、オープンキャンパスなどで大学の教職員や学生に尋ねてみることをおすすめします


2:1クラスあたりの学生数をチェック!先生と親しくなれる少人数クラスを選ぼう

英語クラスの頻度が分かったら、次は1クラスあたりの学生数を知ることも重要です。
たとえば、40人の学生に対して1人の先生という環境か、20人に1人の先生か、
どちらのクラスで学ぶと英語力が伸びるかは想像がつきますよね?
少人数クラスのメリットは、発表をする機会が多く、分からない表現が出てきた場合にもすぐに先生に質問ができることです。ただ、大規模な大学だからといって、必ずしも英語クラスの人数が多いというわけではありません。
大学や学部によって英語クラスの人数はさまざまです。
こちらもオープンキャンパスなどで質問すれば答えてくれるはず。
学年や学部によって人数が異なる場合もあるので、実際に英語クラスを履修している在校生に確認してみるのがベストです。


3:英語は、ネイティブの先生から教わる?日本人の先生から教わる?

次は、どんな先生から英語を教わると英語力が伸びやすいかを考えてみましょう。
高校の英語の授業では、大学受験に向けた勉強方法が重視されがち。
受験のための勉強であれば、入試の傾向をよく知る日本人の英語教員による授業が効果的です。
では、大学で英語を学ぶ目的は何でしょうか?最初にお話したように、目的は人によってさまざまでしょうが、
その夢を実現するためにどんな力を身につけたいかをじっくり考えてみましょう。

あなたが英語のコミュニケーション力を高めたいなら、発音や海外ならではの英語表現に慣れることはもちろん、
世界各国の人々の価値観や考えを受け入れ、深く理解する心を持つことが求められます。
そのためには、英語圏のネイティブ教員が多い学部を選ぶことをおすすめします。

4:国際人への近道は、英語力よりさらに大切な「英語コミュニケーション力」を磨くこと

英語力を磨くだけにとどまらず、日本や世界の文化・歴史・社会・経済などを学ぶことができる
授業やプログラムが用意されているかをチェックしましょう。
「日本の素晴らしさを再発見できました」「もっと日本のことを知りたいです!」
海外留学から日本に戻ってきた学生の感想で断トツに多いのが、日本の魅力をさらに学びたいというものです。

意外に思うかもしれませんが、海外でコミュニケーションをとる際に大切なことは、
日本や世界の文化・歴史・社会・経済などに精通していること。
これは英語力と同等、もしくはそれ以上に大切なことなのです。

単に英文法や音韻を覚えることに留まらず、日本や世界の文化・歴史・社会・経済な国際社会の問題などについて、
英語で学び、英語で討論し、英語の文献を読み、英語でレポートを書き、英語でプレゼンテーションすることが、
国際人への近道となります。

英語・国際系の学部を選ぶとき、考えておくべき5つのポイント

5:自然と英語が聞こえてくる環境を探そう。授業以外でも英語に触れる機会はあるか?

英語を身につけるには、そのための環境が大切。何年も英語を勉強してきたのに身につかなかったあなたも、
毎日英語と接する環境の中で4年間を過ごせば、自然と英語力が身についていきます。
たとえば、授業以外にも留学生と交流するプログラムが充実しているか、
途上国支援のために国際的に活動しているサークルがあるかなど、英語に触れる機会が多い大学を探してみましょう。

留学生との交流プログラムは、ハロウィンやクリスマスパーティーなどの
海外文化に触れながら楽しく英語を学ぶことが期待できます。

英語・国際系の学部を選ぶとき、考えておくべき5つのポイント

 

 

あなたの将来像と相談しながら、進路を決めよう。

 


ここ数年、「英語、海外、留学、国際」といったキーワードに一層注目が集まり、
英語・国際系の学部は増えていますが、その中身は多種多様。
選択肢が多くなっただけに、学部選びは難しくなったともいえます。

大切なことは、大学名や学部名だけで進路を決めてしまうのではなく、将来の自分をイメージし、
その自分自身と会話しながら決めることです。

そのための判断材料として、オープンキャンパスなど実際に大学へ足を運んでみる。
そこで学ぶ先輩に会って話を聞いてみるなど、自分自身との相性を確かめることも必要でしょう。

大学の4年間は、長いようで短いもの。将来の夢に近づくために、どんなふうに英語を学びたいのか。
そのために4年間をどのように使うかを考え、充実した大学生活になることをお祈りしています!

7月19日、8月2日の夏期オープンキャンパスでは、
神戸・東灘の有名洋菓子店『御影髙杉』の甲南大学限定スイーツ「ガトーフランボワーゼ」を参加者にプレゼントします!
このスイーツは、『KONANプレミア・プロジェクト』の1つである神戸連携プロジェクトから生まれたものです。

甲南大学では、地域のスイーツ産業と結びついてスイーツ研究を進めていることを高校生の皆さんにも知ってもらうため、
夏期オープンキャンパス限定でプレミアムスイーツをすべてのキャンパスでお渡しします。
甲南大学の雰囲気を味わいながら、スイーツも楽しみにしてください!

☆☆スイーツプレゼントの条件(両日とも同条件)☆☆
【西宮キャンパス CUBE 】
アンケートに回答してくださった先着100名様
(※対象は高校生のみとなります)

■7月19日、8月2日とも配付します。両日とも数量に限りがありますので、先着順となります。
■「佛蘭西菓子 御影髙杉」のホームページはこちら(http://mikage-takasugi.com/)をご覧ください。
■内容や条件等を変更する場合がありますので、ご了承ください。

甲南大学限定スイーツ「ガトーフランボワーゼ」

6月12日からスタートした日本初開催 ピッツバーグ大学サマープログラム “Pitt in Japan” 。
6月下旬には、ウェルカムパーティーや週末ホームステイ等のプログラムも開催され、
留学生たちも日本での生活やCUBEに親しんでいます。

6月29日には、ビジネスコース(Doing Business in Japan)の留学生が大関株式会社を訪問。
地元西宮の地場産業である日本酒造りの酒蔵見学や、酒造業界の現状に関する講演に参加しました。
大関株式会社を訪問しました

「販売の国際化戦略」「欧州で酒を売るには」「米国で販売量を拡大するには」等の課題が出され、
その解決策を日本の学生と共に考えます。次回訪問時には、プレゼンテーションを行います。

また、酒蔵絞りたての「酒」や欧米で人気の商品、新商品など11種類をそれぞれの特徴について
説明を受けながら試飲させていただきました。
製造工程や配分など少しの違いで大きく変化する味の深みや香りを興味深く学びました。
日本酒の製造工程を見学しました。 ピッツバーグ大学からの留学とマネジメント創造学部の学生が見学しました

ピッツバーグ大学サマープログラム “Pitt in Japan”の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.konan-cube.com/diary/archives/4568

CUBE DIARY