ページ内を移動するためのリンクです。

CUBE DIARY CUBE ダイアリー

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

マネジメント創造学部 > CUBEダイアリー > 2015 > 8月

8月29日(土)に開催する高校生対象の英語授業体験イベント「トライアルレッスン」ですが、
参加者枠に若干の余裕がありますので、8月28日(金)12時まで、申込受付期限を延長いたします。

「トライアルレッスンに参加したいけど、まだ申込みを済ませていない」という方は、お早目にお申込みください!!!


「トライアルレッスンって何?」という方。
トライアルレッスンは、普段、マネジメント創造学部の学生が受講しているネイティブ教員による
少人数の英語授業を体験していただくイベントです!
学部選びにお悩みの方はもちろん、AO入試や公募制推薦入試を受験予定の方は、
より深く、より具体的にマネジメント創造の学びを知る絶好のチャンスです。

トライアルレッスン参加者募集

詳細・申込方法は以下のとおりです
■トライアルレッスン  【CUBEの英語を体験するイベント】
日時:2015年8月29日(土)9時30分-12時15分(9時受付開始)
場所:甲南大学西宮キャンパス
内容:CUBEスタイルの英語授業を体験、学生講演会等
申込期限:8月28日(金)12時申込締切
定員:80名(先着順/事前申込制)
申込方法:氏名 、氏名フリガナ、高校名 、学年 、連絡先(電話・メール)を記載のうえ、
メール・FAXのいずれかで下記申込先までお申込下さい。

申込み/お問い合わせ先
甲南大学西宮キャンパス事務室
MAIL:cube@adm.konan-u.ac.jp FAX:0798-63-5749

今週のCUBE diaryでは、先輩たちのAO入試体験談をお届けしてきました。
皆さんの参考になりましたでしょうか??

今回のCUBE diaryではAO入試を受験し、
マネジメント創造学部に入学したマネジメントコース1年生の原田智実さんからのメッセージを紹介します!!
AO入試への出願をお考えの方は、是非ご参考になさってください。

また、CUBE diary左側のカテゴリーで「★入試体験談★」を選択すると、
他の先輩たちの入試体験談をご覧いただくことができます。
今後も、順次AO入試・公募制推薦入試の体験談を追加していく予定ですので、ご期待ください。

AO入試体験談

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

こんにちは!マネジメント創造学部1年生の原田智実です。
今回は昨年、私が受験したAO入試の体験談についてお伝えします。少しでも皆さんの力になれれば嬉しいです。

まずはじめに、1次選考の書類審査についてです。
1次選考では、志望理由とパーソナルヒストリーを書きますが、私はパーソナルヒストリーを書くことにとても苦労しました。
自分の長所がなかなか思いつかず行き詰っていたので、友人や家族に相談した結果、
自分ひとりで解決しようとせず周りの人に助けを求めたり、周りの人の考えを聞くことも合格への一歩だと感じました。
また、長所だけではなく、壁にぶつかりたくさん失敗して乗り越えてきた経験、その失敗から成長できたことなど、
失敗から学んだことを書くことも良いと思います。

志望理由書は、書きたいことが山ほどあったので、目指す人間像を主軸にして書きました。
また、私は福岡の高校に通っていたため2次選考の面接日まで甲南大学に行ったことがありませんでした。
私のように地方からCUBEを受験する人は、なかなか甲南大学の情報が少なく不安な学生も多いと思います。
だからこそ、甲南大学のパンフレットとマネジメント創造学部(以下CUBE)の学部パンフレットを何度も読み、
グッと来た言葉にラインを引いたりしました。

CUBEがどのような人材育成をしたいのか、CUBEで自分の長所を伸ばし短所を克服することが出来るかなど客観的に考えました。
パンフレットを読めば読むほど、CUBEに愛着がわき、「絶対CUBEに行くんだ!」と気持ちが強くなり志望理由書の内容が濃くなりました。
そして、毎日のように国語の先生に志望理由書とパーソナルヒストリーを見てもらい何度も書き直し、より納得のいくものになりました。

AO入試体験談

1次選考の結果発表まで約1か月あり、不安な気持ちでいっぱいになると思います。
しかし、勉強や面接練習を怠らずに自分を信じて、今自分がすべきことをやりましょう!

続いて、2次選考に向けてのアドバイスです。まずはじめに、グループワークについてです。
私は、周りの意見をまとめることが苦手な性格なので無理にまとめようとはせず、自分の意見を分かりやすく伝える努力をしました。
そして、聞かれている問いに対して正しく答えることを徹底しました。これは当たり前のようですが、
自分の考えをまとめているとなかなか出来ないものです。自分が出来ることを積極的に行いましょう!

次に、個人面接についてです。
個人面接は特に緊張すると思いますが、面接官は敵ではありません、深呼吸して面接室に入りましょう!
またCUBEの面接官の方はコミュニケーション力をよく見ているように思えたので、
面接内容を暗記するより落ち着いて自分の思いを伝えることをお勧めします。
面接で話す内容を暗記していて、もし本番で忘れてしまったら焦って自分の思いも伝えられなくなります。
学校で先生に面接練習をお願いしてたくさん練習を積みましょう。

強い気持ちを持ち、一日一日を大切に最後まで頑張ってください!応援してます!

マネジメント創造学部 マネジメントコース 1年生 原田 智実
出身校:中村学園女子高等学校

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

AO入試出願直前ということで、先輩たちの受験対談や応援メッセージをお届けしています。

今回のCUBE diaryではAO入試を受験し、
マネジメント創造学部に入学したマネジメントコース2年生の松島菜々恵さんからのメッセージを紹介します!!
AO入試への出願をお考えの方は、是非ご参考になさってください。

また、CUBE diary左側のカテゴリーで「★入試体験談★」を選択すると、
他の先輩たちの入試体験談をご覧いただくことができます。
今後も、順次AO入試・公募制推薦入試の体験談を追加していく予定ですので、ご期待ください。

AO入試体験談

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

こんにちは!マネジメントコース2年生の松島菜々恵です。

私は2年前にAO入試で合格し、念願だったCUBE生になることができました。
そして、今、受験前に毎日のように見ていた、先輩の入試体験談をCUBE生として書かせて頂いています。
高校生の頃、CUBEのパンフレットやこのホームページを見るたびにワクワクしていたのを思い出し、
CUBE生として書かせて頂いていることがすごく不思議に思います。

さて、今回は、AO入試、公募制入試前ということで私の入試体験談を書かせて頂きます。
入試体験談を書かせていただくのは今回が二度目となります。
前回は主にAO入試二次試験についてのアドバイスを書かせて頂きました。
今回はオープンキャンパスで高校生からの「よくある質問」に私の体験談でお答えしようと思います。

【※昨年の松島さんの記事はこちら※】

まず、提出書類についてです。パーソナルヒストリーと志望理由書はどういう風に書けばいいのですか?という質問がよくされます。
簡単に言うと私の場合は、パーソナルヒストリーに過去から現在までの自分を書き、志望理由書に大学入学後から未来の自分を書きました。

CUBEや、CUBEで学ぶ分野に興味を持ったきっかけについて、また現在の自分に至るまでのポイントをパーソナルヒストリーに書きました。例えば、短期留学であったり、部活動であったりといったことです。

次に志望理由書には、CUBEで何をしたいか、CUBEでの大学生活を通してどのようになりたいかということを書きました。
私は将来の夢がはっきりしていなかったので、在学中にやりたいことや、どういう人間になりたいのかということを主に書きました。
どちらの提出書類も何度も添削して頂き、何度も書き直しました。
自分の中では完璧だと思っていても客観的に見ていただくと伝わりにくい場合があるので、誰かに添削してもらうことがおすすめです。


勉強

次に、面接内容についてです。どんなことを聞かれるのですかという質問をよくされるので簡単に説明します。
私は主に提出書類のパーソナルヒストリー、志望理由書、調査書からの質問でした。
他には短所や、当日のグループワークについての感想なども質問されました。
時事問題についての質問や、すごく難しい質問がくるかもしれないと構えて練習していましたが、
本番ではそういった内容の質問はありませんでした。
提出書類をしっかりと時間をかけ作成したことで自分自身と向き合うことができ、二次試験の面接の際にも役に立ちました。
また、私が聞いた話では、面接担当者が英語の先生の場合には、英語での質問もあったそうです。
どの先生が担当になるのかは当日にしかわからないので、練習しておいて損はないと思いますよ。

これらはあくまでも私の体験談ですので、参考程度にしておいてくださいね。
CUBE生になったみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!!

マネジメント創造学部 マネジメントコース2年 松島菜々恵

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

お盆休みも終わり、8月も後半に入りました。
AO入試の出願期間は9月1日(火)-9月7日(月) ※7日消印有効ですので、出願開始まで2週間となりました。

今回のCUBE diaryではAO入試を受験し、
マネジメント創造学部に入学したマネジメントコース1年生の若林瑞穂さんからのメッセージを紹介します!!
AO入試への出願をお考えの方は、是非ご参考になさってください。

また、CUBE diary左側のカテゴリーで「★入試体験談★」を選択すると、
他の先輩たちの入試体験談をご覧いただくことができます。
今後も、順次AO入試・公募制推薦入試の体験談を追加していく予定ですので、ご期待ください。

夏

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

こんにちは マネジメント創造学部マネジメントコース一回生の若林瑞穂です。

私は去年AO入試でCUBEに合格しました。
ちょうど去年の今頃はみなさんと同じように出願書類の作成に必死になっていたのを思い出します。
主に私からは書類作成のお話をしようと思います。

AO入試では一次試験が書類審査になっているので、書類をどう作るかはすごく重要ですよね。
特にパーソナルヒストリーと志望理由書では文字数も多く、熱意はすごくあるのに何を書けばいいのか、
どのように書いていけばいいのか分からなかったりしますよね。

私も全く同じで、何度書いても納得のいくものが出来ませんでした。
そこで私が取った解決策は、「マニュアル通りに書いてみる」という方法です。
マニュアル通りに書くなんて個性がなくなるのでは?と思われる方も多いと思いますが
マニュアル=基礎なのではないかと思います。
基礎がしっかりしていないと文章も読みにくいですし、私自身もこの方法に出会うまでは「具体性が無い」と言われて悩んでいました。
基礎をしっかりとしたものにすることによって、自分の熱意が相手に伝わりやすくなるのではないでしょうか?

1:まず、最初に結論(なぜCUBEを志望したのか)を書きます。
例:私はOOになりたいです。そのためにCUBEでOOを学びたくCUBEを志望しました。

2:次になぜそれを学びたいと思うようになったのかの理由を書きます。

3:その後、なぜCUBEでなければならないのか、なぜそう思うようになったのかなど、
 先ほどの内容に自分なりの考えや具体性を付け加えていきます。

4:最後に、入学後はどんな生活を送ろうと思っているのかなど、
 CUBE入学後なにをしていきたいかを全体のまとめとして書いてみてください。

私は割合としては1:3:4:2くらいで書きました!
これはあくまで私個人の目安ですので、ご自身の内容のバランスを見て判断してくださいね。
また、私が今紹介したマニュアルも、たくさんあるものの一つを私の言葉で紹介したものになります。
インターネットのサイトや本によって、少しずつ内容が違ったものやもう少し細分化されているものもあるのでよく調べてみてくださいね。
そして、自分に合ったものを選んでください。

AO入試体験談

先ほども少し触れましたが、学校の先生や大人の方に添削してもらう事がとても大切です。
特に、国語科の先生に見てもらうと、日本語の間違いや、より良い表現などを教えてくださいますよ。
(私も賢そうな言葉に直してもらったり、教えてもらったりしていました・・・( ;∀;))

もう一つ大切なのが、色々な人に読んでもらうということです。
私自身もこのマニュアル法に出会ったきっかけが、別の先生に見せたところ、
「内容に具体性がないから全て書き直しなさい」と言われたことがきっかけです。
その先生に見て頂いてなかったら、私は今ここにいないと思います。

いかがでしたでしょうか?

このアドバイスを書いていると、私も当時の、苦しく不安で、それでいて未来に夢を持ってワクワクしていた気持ちを思い出しました。
今でもあまり優秀な人間だとは言えませんが、CUBEで勉強したい!という熱意は誰にも負けない自信がありました。
その熱意があれば、きっと大丈夫です。

来年の4月、CUBEにあなたが入学してくるのを待っています!

マネジメント創造学部 マネジメントコース1年 若林瑞穂
出身校:樟蔭高等学校

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

 

いよいよAO入学試験の出願開始が近づいてきました。
このホームページをご覧いただいてる皆さんの中にも、出願種類を準備している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回のCUBE diaryでは、AO入試を受験し、マネジメント創造学部に入学したマネジメントコース2年生の櫻井愛雅さんからのメッセージを紹介します!!

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★
こんにちは。マネジメント創造学部、2年生の櫻井愛雅です。
今回、AO入試体験談として、1次試験と2次試験に分けてお話しします。

まず初めに、私がAO入試を受験するにあたって、2つの大切にしていたことがあります。

1つ目は何事も1人でするのではなく、客観的に様々な人の目で見てもらうということです。
なぜかというと、人に指摘してもらうことで、自分の気づいていない部分に気づくことができるからです。

2つ目は余裕を持った行動をしていたことです。余裕がないと焦ってしまい、結果が出せないからです。

1次試験は、志望理由書とパーソナルヒストリーです。
私は、これらを何度もたくさんの人(担任の先生、塾の先生、進路指導の先生)に見てもらいました。
見てもらう中で、先生方は文章の書き方はもちろんですが、
自分が書いた文章から、こういうことが面接で聞かれるかもしれないとアドバイスをくださりました。

2次試験は、グループワークと面接です。
私は2次試験の当日に思わぬハプニングがありました。
そのハプニングとは、面接ノートを家に忘れてしまったことです。
受験には必要ありませんでしたが、忘れたことに気づいた瞬間本当に焦りました。
そして、不安な気持ちと緊張を抱え、2次試験に挑んだことを今でも覚えています。

グループワークにおいては、周りが自分よりも優れた人ばかりかもしれないと思い込み、惑わされてしまいました。
しかし、今自分にできることを精一杯頑張ろうと思い、積極的に意見を発言したり、
他の人の意見を聞いてみたりとなるべくグループに貢献できるよう努めました。
グループワークでは、すごい意見をいうことが良いことではなく、いかに自分がグループに貢献できたかが大切なのではないかと思います。

面接においては、面接ノートを忘れたにも関わらず、自分が満足できる面接をすることができました。
その背景には、やはりたくさんの面接練習を積んだことにあると思います。
私は、2次試験の2、3週間前から、週に1、2回程度、先生方にお願いして何度も面接練習をしました。
はじめは先生からたくさん指摘を受け、CUBEの情報量の少なさや、自分の考えが浅いことが分かり、そこを一生懸命詰めました。
そして、次第に緊張することもなくなり、自分でも上達していることを実感し、自信がつきました。

CUBE入学後、面接官だった先生が私のことを覚えていてくださり、私に声をかけてくれました。
その時私は、「あの時、面接官の印象に残る面接ができて良かった」と思いました。

最後に、AO入試は倍率も高いために、不安になるかもしれません。

しかし、練習をたくさんすることが自分への自信に繋がり、合格への一番の近道だと私は思います。
そして、ハプニングが起こったとしても臨機応変に対応できます。

受験まで、あと少しですが、自分にできることを精一杯頑張ってください!応援しています!

マネジメント創造学部マネジメントコース
櫻井愛雅
明石市立明石商業高校出身

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

いかがでしたでしょうか??
AO入試への出願をお考えの方は、是非ご参考になさってください。

また、CUBE diary左側のカテゴリーで「★入試体験談★」を選択すると、
他の先輩たちの入試体験談をご覧いただくことができます。
今後も、順次新しいメッセージを追加していく予定ですので、ご期待ください。

CUBE DIARY