ページ内を移動するためのリンクです。

FACILITIES 学びをサポートする環境

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置
  • HOME>
  • 学びをサポートする環境>
  • CUBE ICT

最先端の教育環境が次代に活きる力を育てる。

CUBEは、最先端の教育環境を学生たちに提供することで、次代を担う能力や技術の育成を目指す、まったく新しい学びの場です。IT化やグローバル化など劇的に変化する社会において、これまでの講義中心のカリキュラムだけでは、実社会のニーズに対応し切れなくなりました。学生自身が主体的に授業に参加し、学びのイニシアティブを取り、自らの発見や体験を通して能力を高めていくことこそ、今の時代に望まれる「ホンモノの力」です。

大学で学んだことが社会の中で活き、企業や集団の中でリーダーとなれる人材を育てる。授業をはじめ大学生活全般を通して、現代に役立つさまざまなスキルが身につく。そのような学びの場を創造するために、私たちは既存の大学にはない新しい発想のシステムを構築すべきだと考えました。それが携帯電話(ケータイ)とパソコンを主要ツールにし、それらをフルに使いこなす「Mobile CUBE」です。

CUBEの教育環境は、進化した近未来型です。ICTをベースにした授業やキャンパスライフは、学生の思考力や発想力、行動力、問題解決能力を高めるものになるでしょう。私たちはその成果をおおいに期待しています。

マネジメント創造学部教授 井上明(IT分野担当)

Mobile CUBEによるキャンパスライフ

ポータルサイト「My KONAN」が情報収集&コミュニケーションに役立ちます。

大学のポータルサイトである「My KONAN」により、パソコンやケータイでいつでもキャンパスライフに必要な情報が取り出せます。休講情報や出席登録、出欠状況確認、課題の提出、小テスト、授業資料のダウンロード、アンケートや教職員への質問などのほか、授業中にはWEBノートとしても活用できます。

プロジェクトの情報を共有するSNSでコラボレーション。

ネット上のコミュニティであるSNS(Social Networking Service)をプロジェクト学習に活用。学内外からプロジェクトメンバーを募り、情報共有や意見交換、アイデア会議など現実に通じるリアルな活動ができます。

フリースペースでも学習が行える。

プロジェクト学習の空間は教室内だけではありません。無線で画面を投影できるソフトウェアを使って、キャンパス内のフリースペースなどで、いつでもどこでも自由にプロジェクト学習が行えます。

キャンパスライフのカギとなるケータイが、さまざまな場面で活躍します。

キャンパスライフのすべては、ケータイによって始まります。利用者の個人情報が組み込まれ、IDカードの役割も果たすケータイは、キャンパス内のさまざまな場面で必要となります。ケータイが変わっても新しい利用者情報がすみやかに再登録されるため利便性やセキュリティも安心です。

  • ドアの解錠
  • パソコンのログイン
  • プリンターの出力
  • ロッカー

キャンパス内はどこでもアクセスできる無線LAN環境。

無線LANによりキャンパス内のどこにいても、学習のための資料検索やMy KONAN、CUBE SNSなどにアクセスすることができます。また、CUBEのネットワークは、認証・検疫システムを兼ね備えたセキュリティの高い環境です。

インターネットを通じて遠隔講義やテレビ会議も実現。

インターネットを駆使すれば授業はキャンパス内に留まりません。国内外で開催される講義を受講したり、テレビ会議を行ったりすることができます。教室はもとより、CUBEアトリウムの壁面に投影すれば、多くの学生が参加できる大規模なセミナーや講演会を開催できます。