大阪城3DマッピングでCUBE生が活躍中!

大阪城3DマッピングでCUBE生が活躍中!
大阪城3DマッピングでCUBE生が活躍中!
CUBE DIARY

大阪城3DマッピングでCUBE生が活躍中!

2015.01.09

「1秒の重みを知る」

60万人が来場した話題のイベントで、CUBEの学生たちが奮闘しています!!

一昨年より大阪城で始まった「大阪城3Dマッピングイルミネーション」。
実際に足を運んだ方や、テレビなどでプロジェクションマッピングの様子をご覧の方も多いのではないでしょうか?

実は、このイベントにマネジメント創造学部の学生たちが関わっています。
きっかけはマネジメント創造学部3年生の近藤奨真さんが、イベントを主催する大阪観光局の担当者と交流を持ったことがきっかけです。マネジメント創造学部の4人の学生が、プロジェクトメンバーという形でこのイベントで力を発揮しています。

大学の後期授業は来週で終了となり、春休みとなりますが、会期終了の3月1日まで学生たちの奮闘はまだまだ続きます!

▼近藤奨真さん(マネジメント創造学部3年)のコメント▼
「1秒の重みを知る。大阪城での活動を通して学んだことです。
私たちは現場に来るテレビ・新聞・ラジオなどの取材班の同行や芸能人のアテンドをしていました。
取材の同行やアテンドをする際、何をすべきか瞬時に判断しなければなりません。
失敗も許されないため、非常に緊張したことを覚えています。
しかし、画面越しではなく自分の目を通して、番組を見ることは新鮮でした。
1分間の生放送のために、どれだけの時間と人が関わっているかを知ることができたのは忘れられません。
これからも大阪城で、忘れられない経験ができるよう、必死に頑張っていきます!!」

大阪城3Dマッピング  活躍する学生たち

甲南大学
Copyright © Konan University. All Rights Reserved.
ページの先頭に戻る