ページ内を移動するためのリンクです。

CURRICULUM 人を育てる仕組み

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置
  • HOME>
  • 人を育てる仕組み>
  • プロジェクト型学習

プロジェクトで「自ら学び、共に学ぶ力」を身につけます。

プロジェクトはCUBEの中心的な科目で、実社会とリンクしたさまざまなテーマに対して、少人数グループで調査・研究、報告・発表に取り組みます。プロジェクトをやり遂げるために自ら考え行動し、発表して「学ぶ楽しさ」を実感します。
与えられた知識を吸収するだけではなく、自ら問題を発見し、仲間と共に解決する能力を養います。

自ら学び、行動する「プロジェクト型学習」

従来の「積み上げ型学習」の場合、4年間で基礎から専門、そこから演習や実験へと発展します。この学び方では、往々にして自分に何が必要なのか気付いた時には、卒業ということが起こってしまいます。
CUBEで採用している「プロジェクト型学習」は、卒業までにいくつものプロジェクトに取り組み〈自学→発見→体験→実践〉を何度も繰り返すことで自分の成長を感じ、また自分に足りないものを理解します。そうすることで自ら学ぶ姿勢をとることができるのです。またすべてのカリキュラムは、プロジェクト型学習を前提にした構成になっているため、プロジェクトとリンクしながら深く、効率的に知識を蓄積し、確実にレベルアップしていくことができます。
現代社会を生き抜くためには、多角的な視点で物事を考え、行動していく力が必要です。CUBEのプロジェクト型学習は、実社会とかかわる多くの体験を通して、自ら学び、行動する力を育てます。

「自学」課題を解決するために必要な基礎知識をしっかり身につけるため、自ら学びます。
「発見」仲間とともに考えることで新たなことに気づき、獲得する知識や興味の幅も広がります。
「体験」英語でプレゼンテーションするなど、さまざまな経験によって知識を定着させます。
「実践」学んだことを社会で実践することで経験値が高まり、次の課題も見えてきます。

プロジェクト一覧

各講義の詳しい内容はPDFデータをご覧下さい。

PDFをご覧頂くにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe社のホームページからダウンロードしてください。
Adobe Readerのダウンロード
テーマ名 担当教員 担当教員の専門分野
グローバル企業分析 PDF 伊藤 健顕TAKEAKI ITO 会計学・財務会計
プロフェッショナルズ・プロジェクト
-大学生が企画する理想のタブレット- PDF
井上 明AKIRA INOUE IT・システム
広告戦略の立案 PDF 林 美玉MIOK IM マーケティング
地方経済に公共政策はどのように役立つか PDF 倉本 宜史TAKASHI KURAMOTO 地方財政・公共経済学
グローバル市場における企業行動:
組織論・戦略論の視点からの分析 PDF
高 永才YOUNGJAE KOH 経営戦略・技術経営
売れなくなった商品やブランドのリフォーム PDF 佐伯 邦夫KUNIO SAEKI マーケティング
経済と社会 PDF 佐藤 治正HARUMASA SATO 経済学・情報通信政策
環境と経済 PDF 島本 憲一KENICHI SHIMAMOTO 環境経済学
Beer Industry PDF ジョーンズ ブレントJONES BRENT 言語教育・教育工学
開発経済‐アフリカ各国の経済成長- PDF 杉本 喜美子KIMIKO SUGIMOTO 国際金融論・開発経済学
リテラシーとしての自然科学(物理科学篇) PDF 寺内 衛MAMORU TERAUCHI 科学リテラシー教育
ファイナンスプロジェクトI
-やってみよう!初めての財務分析- PDF
中村 聡一NAKAMURA SOICHI 企業買収M&A
CUBE Magazine PDF パーマー ロジャーPALMER ROGER 教育コミュニケーション
国際金融と国際関係 PDF 広渡 潔KIYOSHI HIROWATARI 国際金融史
日本の職場改革 -いきいきと働くために- PDF ボイルズ コリンBOYLES CORINNE 労働経済学
若者雇用:ニート・フリーター問題と大学生の就職問題 PDF 前田 正子MASAKO MAEDA 社会保障・地方行政・人口問題
社会観を養う
―今日の社会状況の背景、明日の社会像の展望 PDF
真崎 克彦KATZHIKO MASAKI 国際協力論、開発研究
データとフィールドワークから日本経済を考える PDF 渡邉 敏生TOSHIO WATANABE マクロ経済学・金融政策

※上記以外にもさまざまなプロジェクトが開講される予定です。

カリキュラムの構成はこちら

プロジェクト領域概要

プロジェクト科目は、「パブリック」「ビジネス」「グローバル」の3つの基本領域と、基本領域にあてはまらない「超領域」に分かれています。

領域名等 概要
パブリック
研究プロジェクト
環境、エネルギー、情報通信、金融、財政、教育・文化、雇用・社会保障、地域政策等さまざまな経済・社会問題あるいはNGO、NPO や公的機関の経営をテーマにプロジェクトを行います。プロジェクトを通じて、各産業の現状と市場の役割について理解し、産業政策や公共部門の役割を議論するための基本的な理論を修得。また、データベース作成、インタビュー調査やフィールド調査等を通じて、個別テーマについて質的・量的な分析を実際に行います。
ビジネス
研究プロジェクト
企業経営、マーケティング、会計等の各分野や事業承継、起業等をテーマにプロジェクトを行います。様々なビジネスでの事例等から学ぶと同時に、各分野で必要とされる基本的な理論を修得。また、データベース作成、インタビュー調査やフィールド調査等を通じて、個別テーマについて質的・量的な分析を実際に行います。
グローバル
研究プロジェクト
開発援助、貧困、人権、国際紛争理解などの国際政治経済、環境や南北問題、諸外国の歴史、文化、宗教、政治・経済の調査研究、周辺諸国や日本との関係などの多文化共生、地域研究などについて、さらに国際機関の役割等についてプロジェクトを行います。国際的な諸問題や日本との関り等の調査・研究を通じて、多文化主義、国際協調、平和への理解を深め、グローバルな視野で物事を判断する国際的な感覚と世界における日本の役割などについて修得します。
超領域
研究プロジェクト
パブリック、ビジネス、グローバルの3つの領域いずれにも分類されない、歴史、思想、哲学、文化、芸術などの人文科学分野、IT、数学、科学技術などの自然科学分野、メディア、エンターテイメント、マスコミ、政治などの社会科学分野をテーマとしたプロジェクトを行います。