ページ内を移動するためのリンクです。

CUBE DIARY CUBE ダイアリー

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

マネジメント創造学部 > CUBEダイアリー > ★入試体験談★ > AO入試直前 AO入試合格体験談 特別留学コース1年生 笹田もも さん

2016年 8月 10日

AO入試直前 AO入試合格体験談 特別留学コース1年生 笹田もも さん

受験生の皆さん、こんにちは。

気温30度を超える暑い日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

くれぐれも体調管理には十分気を付けて、受験勉強に臨んでください!

 

さて、今年もAO入試の時期が着々と近づいてまいりました。

マネジメント創造学部の出願期間は

月1日(木)-9月7日(水) 【※7日消印有効となります!!

受験生の皆さん、準備は進んでいるでしょうか!?

なかなかどのように対策すればいいか分からず、悩んでいる受験生も多いのではないでしょうか。

今回のCUBE diaryでは、昨年AO入試を受験した マネジメント創造学部 特別留学コース1年生の笹田ももさんのAO入試体験談をご紹介します♪是非ご参考になさってください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

受験生の皆さん、こんにちは。2016年4月に入学した特別留学コース1回生の笹田ももです。

皆さんは大学生活を想像するとワクワクしたり、ウキウキした気分になりますか?

そのような気分になったということは大学入学後にやりたい事がいくつかイメージできているのではないでしょうか?

CUBEは新緑の季節

そういう方は是非AO入試を受けるべきだと思います。私は高校2年生からいろんな大学のオープンキャンパスや合同説明会に参加し、経営学部や経済学部、商学部などを中心に自分のやりたいことが出来る大学を探していました。私が甲南大学マネジメント創造学部との出会ったのは高校2年生の終わり頃に行われていた、合同説明会でした。私は英語をツールとして使い、また実学を通じてビジネスを学ぶことのできるような学部を求めていました。そんな私の願いを叶えてくれる学部がマネジメント創造学部だったのです。私は第一志望校を甲南大学マネジメント創造学部と決めたときから、AO受験をすると決めていました。なぜなら、入試の時点で自分を知ってもらえるチャンスであり、昔から人とコミュニケーションをとることが得意だった私は、この受験方法が一番会っていると思ったからです。なるべく深くこの学部について知ろうと考え学部についての理解を深めるためにパンフレットを読み込み、オープンキャンパスの個別相談、現役生に話を聞いたりしました。

_DSC3093

AO入試に向けての具体的な準備は夏休みに入ってから始めました。

提出しなければならない書類の一つである志望理由書には、なぜこの大学、この学部じゃなきゃいけないのか、留学の必要性について書きました。

私は他の大学のオープンキャンパスにも行き、色んな話を聞いていたので、甲南大学マネジメント創造学部の学びの特徴がより鮮明に見えていました。そのため、この部分について共感していることをなるべくわかりやすく書いたつもりです。また、パーソナルヒストリーは自分を知ってもらうためのものと捉え、どういう経験から何を学んできたかということや、自分の考えを書きました。また、高校の現代文の先生、進路指導の先生、両親を含めた多くの人を巻き込んで添削をしてもらい、何度も細かな表現などを書き直して完成しました。

AO入試体験談

今後の目標を具現化するために必要なものや方法など、自分の中で漠然としていたものが整理され文書化されたことで、しっかりとした自分の考えとなりました!

 

書類選考に合格すると次は面接です。

個別相談の時に現役生から聞いていた、質問に対して的を得た返答をすることを心掛け、進路の先生に面接指導を行ってもらいました。何度も提出した志望理由書とパーソナルヒストリーを読み返し、想定問答を作り、本番に臨みました。

面接を受けた感想としては、しっかり準備して臨んだ面接でしたが、手応えとしては満足することが出来ませんでした。しかし、どうしても甲南大学マネジメント創造学部に入学して学びたいという気持ちだけは他の受験生より強くもち、その強い気持ちを全力でぶつけたことが合格に繋がったかなと思っています。

 

AO入試について簡単に合格できると聞くこともありますが、それは間違いです。個人的に、この受験方法には向き不向きがあるのではないかと思います。なぜなら、一般試験とは違い、実際に大学の方々が私たち個人を知ったうえで合否を出すからです。難しいことですが、合格を得るためには自分がこの学部に入ったらどんな良い影響を及ぼすのかをしっかりと言葉で伝えていく必要があります。だからといって敬遠せず、これからこのマネジメント創造学部を受験される予定の方々に書類審査の時でも面接の時でも自分を最大限アピールして欲しいと思います。

私のAO入試の体験談が誰かの役に立つことを心より願っています。

オーゾーン集結☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆笹田さんありがとうございました!

今後も随時合格者体験談をお届けしていきますので、お待ちください♪

また、CUBE diary左側のカテゴリーで「★入試体験談★」を選択すると、
他の先輩たちの入試体験談がご覧いただけますので、是非チェックしてみてください!

CUBE DIARY