ページ内を移動するためのリンクです。

CUBE DIARY CUBE ダイアリー

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

マネジメント創造学部 > CUBEダイアリー

みなさん、こんにちは。 今回のCUBE diaryでは、杉本喜美子先生が執筆した3冊の著書について、インタビュー形式で紹介します♪

1.『現代アフリカ経済論』

ミネルヴァ書房  北川勝彦・高橋基樹(編) 2014年
担当章: 第7章 アフリカにおける金融の役割(pp. 195-220)
?

2.『Contemporary African Economies: A Changing Continent under Globalization2016年

担当章: Chapter 6: Financial Development and Economic Growth in Africa(pp. 173-204) ?

3.『Risk Management in Emerging Markets: Issues, Framework, and Modeling

2016年 エメラルド社 S. Boubaker, B. G. Buchanan and D. K. Nguyen(編)

担当章:Chapter 14: Regional Integration and Risk Management of African Stock Markets 

(pp. 421-468)with T. Matsuki and Y. Yoshida.

?


☆まずは今回ご出版された本の内容について教えてください。

『現代アフリカ経済論』は、アフリカ経済に関する各分野の研究者が集まり、「2000年代に入って急成長し、脚光を浴びつつあるアフリカ」と「貧困から脱却できずに格差に苦しむアフリカ」という二面性をどう理解できるか、その手掛かりを提供するために、各章を分担執筆した本です。私は国際金融の側面から、アフリカが資金調達でどのような問題に直面しているのかを7章で書いています。この本は、日本経済新聞をはじめとするいくつかの媒体で取り上げられ、この分野で話題となったことから、英訳本として『Contemporary African Economies: A Changing Continent under Globalization』が作られるに至りました。私は先ほどの内容に加え、アフリカにおける金融の発展に関する自分の研究成果にも言及する形で6章を書いています『Risk Management in Emerging Markets: Issues, Framework, and Modeling』は、新興国の金融リスクマネジメントに関して、世界各国の研究者が分担執筆した本です。大阪学院大学の松木教授と滋賀大学の吉田教授と私の三人で14章を担当し、アフリカの株式市場間の金融統合とリスクマネジメントについて分析しています。アフリカ域内では資本移動を自由にし、アフリカ株式市場の地域的な発展を促す一方で、グローバルなリスクを最小限に抑えるために、時として資本規制を設けるというシナリオを検証しています。

 

出版までの経緯を教えてください。

『現代アフリカ経済論』『Contemporary African Economies: A Changing Continent under Globalization』の参加は、日本アフリカ学会で、アフリカ諸国の金融統合や金融政策の効果について発表していたとき、編者である関西大学の北川教授から、金融について書かないかとお誘いをいただいたことがきっかけです。最後のフロンティアとしてアフリカ市場に世界が注目しているにもかかわらず、日本人のアフリカに対する関心は低いままにあります。これは、興味を持っていても理解する術がないからではないかと考えました。我々研究者が、自分の研究対象であるアフリカに貢献したい、つまり、アフリカに進出したい企業のビジネスマンや開発援助に興味を持つ方々から、一般の方々にまで、関心と理解を持っていただくためにできることをしたい、その志がこの本に詰まっています。『Risk Management in Emerging Markets: Issues, Framework, and Modeling』の参加は、編者である三人の仏米研究者から、審査に通れば執筆できるという機会をいただいたことがきっかけです。結果的に、4倍の倍率で審査に勝ち残り、執筆することが可能となりました。

 

☆どのような方に読んでもらいたいですか?

学生の皆さんに読んでもらいたい本は『現代アフリカ経済論』です。自分の担当した7章では、アフリカ国内の資本市場が未発達で資金調達が不十分なため、事業拡大には外国からの資本が欠かせないことや、資本市場を外国に開放することによってどんな新しいリスクが生まれてくるのかを説明しています。他の章では、植民地として支配された歴史から、貿易や直接投資といった現在のグローバル化の動き、さらには、日本では見慣れないイスラーム経済から民主化、援助問題に至るまで、アフリカ経済を知るために必要な項目が盛りだくさんに詰め込まれています。『Contemporary African Economies: A Changing Continent under Globalization』は、アフリカ各国の政策担当者の仕事部屋に、ひっそりと置かれることになればうれしいなと思っています。『Risk Management in Emerging Markets: Issues, Framework, and Modeling』は、分析手法に関して、ガーナやケニア、トルコなどから、既にメールでの問い合わせをいただいており、世界に散らばる同じ分野の研究者や政策担当者のアンテナに引っかかり始めていると感じています。

 

本書の発売後の反響はいかがでしたか?

自分の研究は今まで『Risk Management in Emerging Markets: Issues, Framework, and Modeling』のように、英語論文にして専門雑誌に投稿し掲載されるという形で進めてきました。なぜなら、アフリカの株式市場の動き・金融政策とその効果・為替制度や金融統合の問題は、ある意味マニアックで、当然日本で関心を持つ人を見つけるのも難しいため、分かる人が評価してくれるところで戦うことが必要だと感じたからです。世界経済を把握するために、こうした問題は、決して辺境地の問題ではなく、ますます世界の中心となりうる問題だと信じてはいましたが、確信はもてていませんでした。しかし『現代アフリカ経済論』が出版された後で、アフリカに興味のある他分野の研究者やビジネス関係者、そして学生の皆さんからも、私が書いた章に関する質問や感想をいただく機会が増え、自分の研究を社会にフィードバックすることの大切さを実感するとともに、研究課題の重要性を確信できるようになり、感謝しています。

 

☆最後に読者へのメッセージをお願いします!

『現代アフリカ経済論』の出版は、アフリカ開発銀行の目に留まり、英訳校正の資金を助成していただき、2016年8月27-28日にケニアで開催されたTICAD6(第6回アフリカ開発会議)にて、アフリカ参加国の政策当局者に『Contemporary African Economies: A Changing Continent under Globalization』が配布されました。アフリカ開発における日本の役割と支援の在り方を考えるこの会議において、日本側がいかにアフリカに関心を寄せているのかを示す資料として提示され、多くの政策当局者から、驚きと喜びの声をいただけたと聞いています。相互理解に向けた一助となったようで、非常にうれしく思っています。いただいた機会を大事にした結果、自分の仕事を想定外の誰かが評価してくれるという貴重な経験を得ることができました。国際金融に関する問題は、とっつきにくいと感じるかもしれませんが、分かれば、国際社会を読み解くカギを手に入れられます。少しでも皆さんにその面白さを伝えられるよう、授業でも工夫し続けたいと思っています。

img_photo

杉本先生、ありがとうございました。

世界各国における環境問題について、1回生のポスタープレゼンテーションが行われました。

資料収集からはじまり、レポート、ポスターの作成、発表準備とボリュームたっぷりでしたが、

その成果をそれぞれのポスターや発表内容から強く感じとることができました。

おつかれさまでした!

 

_DSC5456 _DSC5476 _DSC5475

「志望校決定きっかけなった」という声が毎年続出のオープンキャンパス。

受験生はもちろん、高校1・2年生、保護者の方の来学をお待ちしています。

日時:7月16日(日)・8月6日(日)10時から16時まで
場所:甲南大学西宮キャンパス(CUBE)

7月の詳細はこちら! (内容が変更となる場合があります)

IMG_20170623_115130

チラシ

ピッツバーグ大学から14名の学生がCUBEにやってきました。 6月 – 7月にかけて5週間CUBEに滞在し、

日本語、日本の文化・ビジネスについて学んでいます。

_DSC5151 _DSC5063

先週末はCUBEの学生も一緒に京都フィールドトリップに出かけました。

二条城、金閣寺、龍安寺を巡り、お昼は錦市場で食べ歩き、京都を満喫しました!! _DSC5181 _DSC5220

甲南大学 マネジメント創造学部

5/31(水)1年生の必修科目「フレッシュマンセミナー」にて、本学部特別留学コースの前身であるEBA総合コースOBで、毎日放送(MBS)のアナウンサー、大吉洋平様にご講演いただきました。今回の講演では、大吉様から、アナウンサーの仕事や、学生時代どのように過ごしていたか、など貴重なお話をしていただきました。1年生にとっては、将来のキャリアデザインを考える非常に良い機会となりました。

_DSC4857

 

今回のCUBE diaryでは、先日カナダから帰国した、特別留学コースの3回生 浜 愛奈さんの留学体験談を、インタビュー形式でお届け致します!

☆体験談:浜 愛奈さん
☆出身校:神戸市立葺合高等学校
☆留学先:ビクトリア大学(カナダ)
☆留学期間:約1年間

●まずは、CUBEに入学しようと思った理由を教えてください。

大好きな英語を使って、興味のある経営学を学べる学部を探していたらCUBEを見つけました。留学しても四年で卒業できるということも魅力的でした。先輩方の活躍をオープンキャンパスやパンフレットで知って、憧れをもったのも大きな理由の一つですね。

甲南大学西宮キャンパス

●留学しようと思ったきっかけは、何かありますか?

小さいころから英語が好きだったことに加え、高校生の時に経営学に興味を持ち、留学して海外でビジネスを学びたいなと、なんとなく思っていたくらいです(笑)

●留学前の準備については何かされていましたか?

1回生の時は時間があれば、TOEFLの勉強をしていました。学校でTOEFLの本を購入するので、授業では解かなかった問題を家や図書館で解いたり、YouTubeなどの動画サイトに載っているリスニングやスピーキング問題を解いてみたり、できるだけ多くの問題を解くように心がけていました。でも当たり前のことですが、学校の授業に一番力を注ぎましたよ(笑)目の前にある課題や、やるべきことを疎かににする人はプラスαの勉強をしても意味がないと思っていましたからね。

●留学中の生活について教えて下さい。

留学中は3、4教科のみの履修だったので、思ったよりも時間がありました。学校のない日は授業の予習復習はもちろんのこと、友達とハイキングに行ったり、美味しいレストラン探しをしたり、長期休暇は旅行も行って、休日も充実させていました。

留学?

●留学先での授業はどんな様子でしたか?授業で辛かったこととかありましたか?

留学中の授業は、教科書を使う講義型と、生徒の発言中心のディスカッション型の2種類ありましたが、特にディスカッション型の授業は慣れるのに時間がかかりましたね。クラス全体でのディスカッションかグループ内でのディスカッションでもいいから毎クラスで最低一回は発言しようと自分でルールを作って頑張っていました!

留学?

●留学中CUBEでやっていたことが役に立ったなと思ったことは何かありましたか!?

留学前の2回生前期に、「ビジネスキル?」の授業は受講していて良かったです。授業の主な内容は英語でマーケティングを学ぶことで、留学での個人やグループワークの材料にもなりました。加えて、授業を通して海外の授業を受ける上での心構えを学びました。ビジネススキルを教えてくださった佐伯先生も留学経験がある先生なので、授業外の留学生のサポートも積極的にしてくださいました。

●授業以外で辛いことや悩んだことはありましたか?

留学では、友達作りにとても時間がかかりました…私は自分から声をかけられる性格ではないので、周りの人たちよりも友達の輪を広げるのが本当に大変でした。でも、自分は自分のペースでやっていこうと思うことで、留学後半は信頼出来る素敵な友達が少しずつできたと思います。

留学?

●留学先のおすすめスポット等ありましたか?

カナダのビクトリアは、とにかく自然豊かな島で、時間のある時はハイキングに行っていました。ビクトリアに留学される際は、近くの山や湖に足を運んで自然に触れてみてください!

留学?

●留学して一番良かったことはなんですか?

新しい環境で生活しているからこそ、自分の弱みや強みに気づけました。約1年間の留学が完璧な留学だったかと言われると肯定することはできませんが、自分自身の課題を見つけることができたという意味では有意義な時間を過ごしたと思います!加えて、苦手意識のあった数字を使う財務や会計をあえて履修し、苦手意識を消せたどころがその分野に興味を持てました。留学中だからこそ日本の大学では絶対しなかったと思う選択をしてみるもの意外と楽しかったですね♪

留学?

●将来の夢等があればお聞かせください!

来年に就職活動を控えている今なお、将来の夢ははっきりとはしていません。その大きな理由に、留学して自分の興味のある学問の幅が増えたからです。加えて、CUBEには様々な専門学の先生がいらっしゃるので、卒業後の職種にも縛りがないことも自分の可能性を広げてくれています。強いて言うなら、今はマーケティングを主に専攻しているのでコンサルティングなどの仕事に興味がありますが、可能性の広いCUBEでは夢を決めるのがいい意味で難しいですね(笑)

留学?

●最後に、これから大学に入学する高校生に留学の魅力やCUBEの魅力を一言お願いします!

CUBEの4年間には皆さんの可能性を広げるチャンスがたくさんあります。私が体験した留学もそのうちの一つです。そのチャンスを掴むのも掴まないのも皆さん次第です。でも、皆さんがチャンスを掴みたいと感じたらそれを全力でサポートしてくれる環境はCUBEにはあります。ぜひCUBEに入って、素敵な先生や先輩を見つけてください!

 

5月15日(月)に発売された週刊東洋経済臨時増刊号
「大学実力ランキング 3年間就職率ランキング 経済・経営・商学系」において
マネジメント創造学部が全国第3位にランクイン!
このランキングは2014年‐2016年の3年間の就職率に関するランキングで、
マネジメント創造学部は「95.3%」を記録しました!

川渕くん、藤原さん (3)

#はじまりは、CUBEから

CUBE生とインドネシア教育大学生の国際交流

昨年に引き続き、インドネシア教育大学の学生10名が、CUBE生との交流や、日本の教育を学ぶために5月13日(土)‐20日(土)の一週間、CUBEを訪問!!2月にCUBE生がフィールドワークでインドネシアを訪れた際、インドネシア教育大学を訪問し、現地学生との交流を深めました。今回の滞在では、CUBEや甲南高等学校中学校の授業見学、大阪や京都へのフィールドワーク等、様々なプログラムに参加し、CUBE生と交流を図っています。

Facebook:https://www.facebook.com/konancube
Instagram:@konancube

_DSC4688 _DSC4693

_DSC4734 _DSC4720

_DSC4737 _DSC4719

今回のCUBE diaryでは、マネジメントコース4回生の山口 万琴さんの留学体験談を、インタビュー形式でご紹介します!

☆留学先:イギリス リーズ大学
☆留学期間:半年間

CUBEに入学した理由と、留学しようと思ったきっかけを教えて下さい!
高校生のころからずっと留学したいと考えていました。だから、留学ができることが第一の条件として大学を探しましたね。正直、初めはCUBEが第一志望ではなかったですが、CUBEの先輩が「大学選びは、いかに自分を磨いて育ててていける大学かが大切やで」と力強く言っていたのと、周りの魅力的な友達、英語だけじゃなく、幅広く勉強できるCUBEに惹かれ入学を決めました♪留学をした理由は、語学力の向上はもちろん、いろんな異なる文化に触れ、理解して、自分の考えかたを広げたかったからです。

留学?

留学先での授業はどんな様子でしたか?

先生との距離がとても近いので、質問もすごくしやすく、また先生側からどんなことを教えてほしいか(例えば、文法が学びたいのではなくて英語の細かなニュアンスの違いやイディオムが学びたいなど)を直接聞いてくれる、とてもアットホームな雰囲気の授業でした。留学の後半では、内容が新聞記事などを取り扱うようになり、とても難しくなりましたが、みんなすごく積極的に授業に参加し、意見を交換するので、私も負けずに頑張りました!授業は本当に楽しかったですし、自分自身すごく成長できたと感じています♪

留学?

留学中、授業以外の時間はどのような生活を送っていたんですか?

平日の放課後は、図書館で必死に授業の予習・復習をしたり、YOGA societyに参加したり、サウジアラビアの友達とテニスをしました。休日も一秒たりとも無駄な時間を過ごしたくなかったので、イギリス内をよく旅行しました!リーズ大学はイギリスのちょうど中心に位置しているのでアクセスがとても良かったです♪旅に出たことで、現地の人とたくさん触れ合え、生の英語を感じることができたので、とても勉強になりましたよ!(みんなとーってもしゃべるのが早かったです笑)

留学? 留学?

留学中CUBEでやっていたことが役に立ったなと思ったことは何かありましたか!?

CUBEではPechaKuchaNight(英語を使用したイベント)が度々開催され、私はそれに携わっていました。リーズに留学して、大学院に行くためのコースの生徒と合同授業を受けた際に、一つ、PechaKuchaNightのプレゼンテーションを学ぶ授業がありました。合同授業はレベルがとても高く、苦労していたのですが、その授業だけは自信満々で楽しんで受けることができました!

留学して一番良かったことはなんですか?

語学力はもちろんですが、たくさん素敵な人たちと出会えたこと、イギリスとアメリカ文化の違いがよく分かったこと、素晴らしい先生に教えてもらえたことですね。価値観が大きく変わりました。多文化や他宗教を知ったことで、将来海外で働いたり、外国の人と接するときに、相手の文化や習慣を理解しておくことが、いかに大切かを理解できました。そして、世界にはまだまだ私の知らないことがたくさんあって、いろんな道が見えて、自分の可能性が大きく広がりました!

留学?

将来の夢等があればお聞かせください

日本だけではなく、世界に出て活躍したいと心の底から思っています!英語が話せるだけで、意思を伝えあえる人の数がすごく増えます。すごく素敵なことですよね。キャビンアテンダントになって日本に来る人をお迎えしたり、お見送りすることが夢です。日本と海外をつないでたくさんの人が、不安なく国境を超えられるように、そのお手伝いをしたい考えています。

留学?

最後にこれから大学に入学する高校生に留学の魅力やCUBEの魅力を一言お願いします!

私は、入学当初はCUBEが第一志望ではなかったですが、CUBEに来て本当に良かったと思っています。規模が小さい分、同級生のみんなと仲が深り、先輩後輩とのつながりもとても強いです。留学前は先輩たちに、本当にたくさんアドバイスをもらいました。みんな個性が強く、とても輝いていて、他の大学とは一味違う学部です。ぜひ皆さんが入学してくれてお会いできるのを楽しみに待っています!

 

皆さん、こんにちは。

今回のCUBE diaryでは、CUBEの先生が執筆した著書について、先生へのインタビューを通しながらご紹介します♪

第1弾は、前田正子先生が執筆した「大卒無業女性の憂鬱」についてのインタビューです!

IMG_1383 前田先生写真

タイトル:大卒無業女性の憂鬱について

著者:前田正子

出版社:新泉社

 

今回ご出版された本の内容についてお教え下さい。

この本は、マクロデータ・ミクロデータ・ヒアリングなどを組みあわせて、無業女性の実態やその背景にあるものを探っています。2010年と2015年の国勢調査や、2012年の就業構造基本調査から、未婚無業の女性が増えているのではないか、という推計をしています。その後、実際に大卒でありながら無業である女性の個別インタビューを実施し、「なぜそうなのか」「本人たちは自分たちの状況や将来のことをどう考えているか」を探りました。また子持ちのお母さんたちにもインタビューを実施し、結婚がすべての問題を解決するわけではなく、「働く必要があり、働きたいのに、働けない」というジレンマに陥っている背景も探っています。未婚無業の女性は、結婚すればなんとかなると考えている人もいますが、未婚率も上がり、実際に結婚する可能性が高いのは仕事がある女性です。花嫁修業で家にいても社会的ネットワークが無くなり、自立への道は遠ざかるばかりだということを示しました。

ご出版を考えた経緯等がございましたらお教えください。

この本は、現在の社会が女性活躍と言われながら、実際には働きたいのに働けない、そもそも働く気がない無業の女性が多いのではないかということに疑問をもって書きました。特に関西は女性の大学進学率が高いにもかかわらず、大卒時に無業、初職の退職後無職になっている未婚女性が多く、就業意欲が低いと行政の雇用担当者から聞き、私の問題意識は現場にもあると気づき調査を始めました。また子持ちのお母さん達からも「関西は働きにくい」と聞いていたこともありますね。

今回の本は、どのような方に読んでもらいたいですか?

特に娘さんを育てている親御さんと、女子大学生ですね。親御さんには、娘さんにこそ、自立する力をつける重要性を理解していただきたいです。また、「女性は適当でいいんじゃない」と考えている企業人の男性方にも読んでいただきたいです。実は、関西は保守的な意識が強く、それもデータで示しています。女性のライフコースも地域によって異なっています。同じ日本でも違うんですよね。題材は関西ですが、女性の抱える生きづらさの根底にある問題は、どこにも共通していると思います。

本書の発売後の反響や良かったことなどはございますか?

関西は、女性の就業率が低いことにより家計所得も低く、経済全体の伸びも低いんです。女性の就業率の低さが及ぼす関西の経済への影響には、企業経営者も驚かれていました。また、「もやもやとしていた、私のやるせない気持ちが、そのまま書かれていた」というお手紙や評論家の方々に週刊誌などに書評で取り上げていただいており、無業女性が社会に居場所を再獲得する様々なアプローチの必要性を認識してくださっている方もおられるようです。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

仕事に就き、経済的な基盤を得ることが、自分への自信をつけ、その後の展望にもつながります。「女子だから頑張る必要はない」「働かなくても結婚すればいい」というのは幻想にすぎません。まずは、自分が生きていく力を身につけるのが重要です。大学生時代に社会に巣立っていく力を自ら獲得し、主体的に人生を切り開くことが必要です。実は、私が見たところ、男子学生だからできているという訳ではありませんが、女子にはそこから逃げる口実がありますね。

前田先生、ありがとうございました!

「大卒無業女性の憂鬱」は、メディアセンタ―に置いているので、是非一度読んでみて下さいね♪

 

 

 

CUBE DIARY